So-net無料ブログ作成
観劇レポ:シラノ ブログトップ

1.22*濱田めぐみさんロクサーヌ「シラノ」初観劇♪ [観劇レポ:シラノ]

2013年観劇始めは、もう通い慣れてきた日比谷の日生劇場で、
濱田めぐみさんご出演のミュージカル「シラノ」[ぴかぴか(新しい)]
初観劇の演目ですが、原作のストーリーをなんとなく予習してから行きました。
もう、本当に久しぶりに初観劇の演目で心が洗われるような感動を頂きました…!

2013年1月22日(火)ソワレ
ミュージカル「シラノ」
@日生劇場
S席1階J列センター

*cast*
シラノ:鹿賀丈史
ロクサーヌ:濱田めぐみ
クリスチャン:田代万里生
ル・ブレ:戸井勝海
ラブノー:光枝明彦
ド・ギッシュ伯爵:鈴木綜馬

佐山陽規 林アキラ 宮川浩 中西勝之 金澤博 岡田静
秋園美緒 家塚敦子 今泉由香 岩田元 川口竜也 神田恭兵 小関明久
小西のりゆき さけもとあきら 髙橋桂 多岐川装子 中山昇 二宮優樹 守谷譲



本当に素晴らしい戯曲に演出、音楽、そしてキャストの皆さまで、
あまりにも集中して見たためぐったりと心地よい疲れを覚えながら帰宅しました。
音楽は、またまたワイルドホーンさん。
でも、今まで見てきたボニクラやジキハイ、アリスがポップスだとしたら
それらと比べるとクラシックに近い音楽が多く、
時代と国柄か…大好きな「オペラ座の怪人」の雰囲気も感じられ、
ストーリーも含め…
本当に私が大好きなタイプの演目でした。

もしかして、ミスサイゴンに近いくらい暗い演目かと思っていたら、
戦地のシーンやシラノが「事故」に遭うシーンなど
暴力的な描写は一切なく語りだけで演出されていたり、
1幕は特に、笑えるほどユーモアに富んでいたりと想像以上に楽しかったです!

まず、ロクサーヌのナンバーメインでレポを書きたいと思います[ぴかぴか(新しい)]

濱田めぐみさんは、ご自分でも「珍しく…」と
ブログでおっしゃっていらした、お姫様役。
鹿賀丈史さま演じる、顔は醜いけれど美しい心を持ち、
言葉を操る名人である勇敢な軍人「シラノ」が想いを寄せる、
シラノの従姉妹のロクサーヌ役です。
衣装も17世紀のフランスらしい、ふわふわのドレスです!
濱田さんのこういうお衣裳、初めて見ました!

歌も、いつもの濱田さんよりはかなり高めの音域で歌うことが多く、
全開で歌いあげるよりは、いつもよりもっと言葉を聴かせるように歌う、
しっとりとしたナンバーが多かったです。

シラノは本気でロクサーヌを愛していますが、
ロクサーヌは幼いころのまま、いとこの「お兄様」とシラノを慕っていて、
恋心はひとめぼれしたシラノ率いる青年隊のクリスチャンに抱いています。

でも、その状態で濱田さんが歌う最初のナンバーは、
(最初の出番でかなり長くロクサーヌは舞台にはいますが
合唱以外では歌わず、「シラノ!」と一言だけです笑)
シラノと幼いころの思い出を歌う「ベルジュラックの夏」という
本当に美しい湖の背景の中での綺麗なナンバーで、
シラノが「想いを告げるために逢いに来てくれたのかな!」と
誤解しながらデュエットしてしまうのも納得です(笑)

濱田さんのベルトが大好きなワイルドホーンさんのおかげで、
最近は濱田さんの歌声というとベルトベルトベルト…と、
強い地声が多かったですが、この曲は濱田さんって高音も綺麗だなーって
改めて気付かせてくれました。
裏声ではなく、芯のあるヘッドボイスはずっと聴いていたいほど心地よくて!
そして、楽しかった昔の思い出を楽しそうに思い返すナンバーということで、
アイーダの「儚い喜び」をちょっと思い出してしまいました。

でも、シラノが勇気を出して自分に会いに来た理由を聞いたら…
ロクサーヌはうっとりしながら歌いだします。
この「運命のひと」というナンバーは、パンフレットにも歌詞が載っていますが
本当に美しい言葉が並んでいる曲です。
濱田さんの歌い方だと、本当に歌詞が、言葉の意味まで伴って
客席に届いてくる感じがしました。
自分がそんな風に思われているなんて!と嬉しそうに聴いていたシラノが、
「その運命の人の名前を聞いてもいいかい?」と言うと、
「クリスチャン・ド・ヌーヴィレット!!!!」
…ほわんほわんほわーーーん…とマンガのように、
湖の背景が元のお菓子屋さんに変わります(笑)

ここで全くもってロクサーヌは、
シラノの自分への想いに気付いていなくて、無邪気に
「シラノをガスコンから守ってほしいの!」
「彼に手紙をくださいって伝えて」と、シラノの傷口に塩を塗り込みます…

でもロクサーヌって無邪気で優しいのですが、ものすごく頭がいいお姫様で、
いい寄ってくるドギッシュ伯爵を見事にかわす
「決して戦地に行かせない」というナンバーでは
リズミカルにドギッシュ伯爵に入れ知恵をして、
クリスチャンが戦地に行かないようにしちゃいます。
この曲では高めの音でもすっきり地声で説得(笑)

ドギッシュ伯爵は戦地に行くと行っているのだから
寂しそうにしなきゃいけないのに、
嬉しさを隠しきれず、どうしようって「ぶらぼー(キラキラ」って拍手したり、
抱きしめられておもいっっきり反ったりと、
濱田さん振り切ってて、このシーン面白かったです。
『美女と野獣』で共演していたという、
綜馬さんとの呼吸が完璧だったのもあるでしょうか♪


愛の言葉が言えないクリスチャンも最初はやり込めちゃいます。
「僕はあなたを愛しています!」しか言えないクリスチャンに、
「分かったわそれが主題ね…今度はそれに見事な綾をつけて、
情熱的なカデンツァで私をくらくらさせてちょうだい!」
「…そうしたら遠慮なく戻っていらしてねっ!」
とか、可愛くて、でもちょっと腹黒くて、
それが面白くて!笑いもどかんどかん起こっていましたよー。

こういうセリフのシーンの濱田さんは、今回超ぶりっこです[黒ハート]
歌いだすと濱田節ありで、別人なのですが…[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]
あ、きゃぴッて感じは、少しボニーっぽいかな?と思いました。
先月までのマッドハッターとは、
セリフの声が1オクターブは違うんじゃないでしょうか…女優さんってすごい。

クリスチャンの万里生くん、「ロクサーヌに振られたーーー!!!」
ってジタジタするのが、まさにアリスのウサギさん。
そしてシラノに耳元で教えてもらいながら、バルコニー越しに
ロクサーヌ好みの「情熱的な愛の言葉」を言うことができるのですが、
このシーンも笑えます。
でも…
このシーンの関係が、作品の1番象徴的なシーンになるので、切なくもなります(>_<)

(ロクサーヌが読んだら怒られそうなくらい、
語彙が少ない感想文ですみません…)

濱田さん、「あらちょっとマシになった?」とか
「それになんだかお声も違うみたい…」
策士なんだか違うんだか…とりあえずとってもかわいいです[るんるん]

製作発表でも歌われていた「これが恋」は、こんな使われ方だとは!
濱田さんと万里生くんのハモりは、万里生くんの強いテノールが
濱田さんの声に乗っている感じがします。
バランスは悪いのかもしれないけ癖になる!

この後のシラノの歌、すごく短いフレーズですが
シラノの健気さが凝縮されていて泣けます。
「俺の言葉でくちづけを」
そう、そのままのタイトルです。


ロクサーヌの計算もあり結婚するロクサーヌとクリスチャン…
でも、それにキレたドギッシュ伯爵は、クリスチャンがいるシラノの青年隊を
やっぱり戦地に送る事にしていまいます。
「あのひとを守って」というロクサーヌのソロナンバー。
シラノに泣きつく、ロクサーヌの歌で1幕が終わるのですが、
この曲で、濱田さん本領発揮と言わんばかりの歌声が堪能できます。

内容は、世間知らずのお姫様が、戦地に行く夫を守ってねって歌う歌なので
「危ない場所に行かせないで、ちゃんと食事させて、寒い夜には温かいお茶を、清潔なベッドでパジャマを」
って、ちょっと「え…」って('_')
シラノも最初は「行き先は戦場なんだよ」って言うんです。
でも、ロクサーヌの「毎日手紙をちょうだいって伝えて」の言葉で
シラノの目の色が変わります。
「約束する」って、それは毎日自分がクリスチャンの代わりに手紙を書くって…
戦地に行っても、ロクサーヌを喜ばすために、
クリスチャンに自分の言葉を貸してプレゼントするって約束し、
ロクサーヌを抱きしめ、シラノが月の下で決意をし幕が下ります。

ここで終わってもいいくらい、休憩のときぐったりでした。
たくさん笑えたのだけど、シラノの言葉の美しさや健気さに私まで惚れちゃって!


約束通り、戦地から毎日夜中に睡眠時間を削って、
クリスチャンの名前で手紙を出しに行くシラノ。
「顔色が悪いな」ってクリスチャンを心配するシーンもあるんですけど、
明らかに他の戦士たちよりもクリスチャンは小奇麗。
手紙だけでなく、本当に、「危ない場所に行かせないで」という
ロクサーヌの望みも叶えていたのかどうかは分からないけれど…
もしそうだとしたら…[もうやだ~(悲しい顔)][ハートたち(複数ハート)]

スペイン軍の防御線を「笑顔で!」超えて、
クリスチャンに会いに来たロクサーヌ(ここも濱田さん可愛かった~[黒ハート])の
前で、クリスチャンは運悪く撃たれ息を引き取ります…
そこで亡きがらにすがりながらロクサーヌが歌うソロ、「あまりに若く美しく」での、
濱田さんの哀しみに満ちた高音「♪どうして どうして…」が本当に耳に残ります。

クリスチャンが撃たれる前…
クリスチャンとロクサーヌの話が合わないといけないから、
シラノはクリスチャンに、ロクサーヌに毎日手紙を書いていたことを打ち明けます。
そして、本当にシラノたち青年隊がいる場所が戦場になる前に
ロクサーヌにお別れの手紙を書きたいというクリスチャンに、
シラノは「もう書いてある」とクリスチャンに最後の手紙を渡します。
その手紙にあったシラノの涙の沁みを見て、クリスチャンはやっと
シラノも本当にロクサーヌに恋心を抱いていることに気付いて
全てを打ち明けようと2人で葛藤したのに(「愛されてるのは」~「決して言えない」)、
クリスチャンは死んでしまって…

ああああ…!書いていたら本当に私も哀しくなりました…

でもクリスチャンが息を引き取る前、
シラノは「本当にロクサーヌが愛しているのはお前だった」と言うんです。


15年後。
ずっと『最後の手紙』を持って修道院にいるロクサーヌは、
シラノにいつまでも終わらない針仕事を笑われながら、
週に1度修道院で会って、昔話することだけを楽しみに生活していて…
(このシーン、濱田さんほんとにお裁縫してます)

ここであの歌がきます。
「彼こそ奇跡」

…どうして、ここでなんだろう?って思いました。
シラノが手紙を全て書いていたんだ、と気付いてからの方がいいんじゃない?って。

手紙を書いたのがシラノじゃなくても、
この15年間でシラノがそれだけの存在になったという意味なのか、
鹿賀さまのあの一人芝居で終わるには、ここに入れなくてはいけなかったのか…

分からないけれど、私は、
手紙も、そしてバルコニーでのクリスチャンの言葉も
全て本当はシラノの言葉だとロクサーヌが分かってからだと思い込んでいて、
だから「♪彼(シラノ)こそ 私の天使と気付いた」
「♪誰より深い愛を 教えてくれたいつの日も」だと思っていたので、
少し違和感が残っています。
「これだ!」という解釈をお持ちの方いらっしゃいましたら、
ぜひコメントでお教えくださいm(__)m

このナンバーは、前にも書いた様にAttitudeの中でも1番好きな曲です。
アルバムと調が違うので、途中の転調のズレ感がすごくあるけれど、
本編で、喪服に身を包んだロクサーヌに、生で歌いあげられると
言葉の感動もダイレクトだし、じわじわと感動しました。
上手く書けないけれど、濱田さんの歌声こそ奇跡…って
この曲を聴くといつも思いますが、改めて感じました。
拍手も長かったです!


ラストシーン…
シラノの全ての行いに気付いたロクサーヌの
どうしたらいいか分からない取り乱しよう、
「あなたを…愛しています」の言葉、
そしてシラノ愛の執念、自分の「心意気」への執念、
もう、切なくて痛くて直視できませんでした。


カーテンコールとても盛り上がり、
ウェーブのようにスタンディングオベーションが起こりました!
濱田さん、少し涙ぐまれているように見えました。

とにかく、鹿賀さんあってこその「シラノ」という舞台だと思いました。
シラノそのもののセリフの言い回し、
でも古臭くなく現代的に思わず笑っちゃう話し方もあったり…

御年で歌声に張りはなくても、これが魂がこもっている…ということなんだろうなと。

自分のピアノなら「感性」や「表現力」よりも、
舞台なら、「演技力」や「存在感」という言葉よりも、
いつも目に見える、耳に聞こえる技術ばかり気になる私ですが
鹿賀さんのシラノは本当に目に見えるものを超越していました。

濱田さんのおかげで、こんなすごい舞台に、ひとに出会えてよかったと
心から思いました。

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
観劇レポ:シラノ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。