So-net無料ブログ作成
観劇レポ:コーラスライン ブログトップ

10.7*「コーラスライン」初日行ってきました…が。 [観劇レポ:コーラスライン]

2011.10.7
「コーラスライン」@自由劇場

10.7.jpg

ザック:脇坂真人.
ラリー:影山 徹.
ダン:金久 烈.
マギー:勝田理沙.
マイク:笹岡征矢.
コニー:髙野 唯.
グレッグ:道口瑞之.
キャシー:坂田加奈子.
シーラ:団 こと葉.
ボビー:竹内一樹.
ビビ:出口恵理.
ジュディ:坂本すみれ.
リチー:松島勇気
アル:川口雄二.
クリスティン:鈴木真理子.
ヴァル:鳥原如未.
マーク:山本 道.
ポール:田中彰孝.
ディアナ:熊本亜記


「コーラスライン」東京公演初日、行ってきました。
すごく好きな作品で、初日で、1階4列という良席でしたが
まさかここまでガッカリした気持ちだけで帰宅することになるとは予想外です…。


新役の女優さんが多く、しかもそのほとんどの方がここまで間に合っていないのなら
以前出演経験のある方たちでやるなどしたほうがずっと良かったと思ってしまいました。

もちろんベテランの松島勇気さんのリチー、道口瑞之さんのグレッグ、川口雄二さんのアル、
そして坂田加奈子さんのキャシーなどは本当に素晴らしくて安心して見られましたが
正直、その数名の素晴らしい方たちだけでは、払拭できないほどの出来でした…

まず、ザック…
脇坂さんはマンマミーアのビルで東京公演後半ずっと拝見していましたが
セリフがすごくゆっくりで穏やかなトーンなので
どこか『戦場カメラマン』の渡邊陽一さんに似ていて..

ビルではそんなに気にならなかったのですが
ザックの話し方のイメージとはかけ離れていました。
去年の11月の全国公演のザックだった飯野さんや、
それこそ加藤敬二さんのようなビリっとした厳しいイメージ。

しかもすごく緊張していらっしゃるのが伝わってきて、
どしょっぱつすぐにセリフが飛んでしまわれて
シーン…
「君たちの   役が見たいんだ」
…え?!
「落ち着いて」
いやいやあなたが!!!みたいな状態でした。


キャシーとの会話でも、
キャシーはすごく感情が高ぶって気持ちをぶつけているのに
ザックはずっとのほほんとのんびりしていてイライラしてしまうほど。

坂田さんのキャシーはダンスだけでなく、
セリフも本当に見事なほどリアリティがあってすごく切なくなりました。


坂田さんと、ポールの田中彰孝さん(長台詞は噛んでしまったけど..)が
最後に魅せてくれたのは救いでしたが、
それでも、以前「美女と野獣」のベルが素敵だったので
期待していた鳥原如未さんのヴァルは
歌になるととにかく声がかすかすに枯れた状態で
樋口麻美さんは全部地声で歌いきっていた「ダンス10、ルックス3」が
裏声ばかりで心配になるほどだった他、
いくら役柄とはいえ、セリフと歌をがなっているだけのクリスティンや
高音が全く出ずソロパートで見事なくらいに音程が全て外れていたジュディ、
全くハモらない「At the ballet」など…

途中で帰りたくなってしまうほど完成していない部分がたくさんあっていいの?
…と、いらしていた浅利さんに聞きたいほどでした[失恋]




ザック  飯野おさみ
ラリー  影山徹
ダン   朱涛
マギー  勝田理沙
マイク  藤原大輔
コニー  大口朋子
グレッグ 萩原隆匡
キャシー 滝沢由佳
シーラ  増本藍
ボビー  道口瑞之
ビビ   小松陽子
ジュディー 恒川愛
リチー  岩崎晋也
アル   松浦勇治
クリスティン 染谷早紀
ヴァル  樋口麻美
マーク  三雲肇
ポール  田邊真也
ディアナ 熊本亜記

前回は去年の全国公演(多摩)を11月に上のキャストで見て、
そのときがACL生で観たのは初めてだったのですが
ダンスではなく私はピアノで、専門は全く違うけれど
小さいころからずっとそれだけをやっていて
いまも人生をかけているという自分の状況も、どこか重なって
「愛した日々に悔いはない」はすごく胸に響きました。

でも最後にあの「悔やまない」に感動するのは、
それまでの2時間のドラマでひとりひとりの登場人物の生き方を知って、
感情移入して共感できたからだと思いますが、
今回は共感とか、内面的なもの以前に技術的に「しっかりしてよー」な部分が多すぎて
全くストーリーに入り込めなかったので、
あの歌が出てきても…?って感じがして、すごく残念でした。

マンマミーアで芝清道さんがサムだったときに
樋口さんドナがものすごーーーーく良かったように、
相乗効果って絶対にあると思います。
だからもちろんその逆も…。
前回観たときと、今日同じ役で出演されていた方でも
残念ながらずっと以前の方が良かったです。


ネガティブ発信はしたくないので、
このブログにはほとんど良いことしか書いていませんでしたが
今回はどうしても吐き出したかったので許して下さい[あせあせ(飛び散る汗)]


このような気持ちになったのは、私だけではないはず。というのは
カーテンコールが表していました。
初日のカーテンコールとは思えないほど短く、
スタオベになったのも客席の半分以下でした。
鏡に写っていましたが、2階はほとんどの方が座っていたままだったし
カテコが終わってからの客席には終演後の高揚感が全くなく、
どこか白けた感じすらしました。
こんな状態も、初めてでしたし俳優さんたちも心なしか
浮かない顔をされていたように思いました。

パンフレットを買いましたが
キャスティングされている俳優さんがばーっと載っているページがなく、
代わりに「今日のキャスト」だけがプロフィールと写真付きで載っている
二つ折りの紙がついてきました。
きっと色々ドタバタがあって決まり、俳優さんたちが大変だったのも予想できますし、
新役の方の初日の緊張感は計り知れないものがあるのだと思います。

でも、「何十回何百回やったうちの1回」ということも、値段も同じで、
生涯忘れられない感動を頂けることもあるのですから…

もうこのような気持ちを味わうことがないことを祈ります。


開幕直前! 『コーラスライン』舞台稽古レポート
http://www.shiki.jp/navi02/news/016047.html
観劇レポ:コーラスライン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。