So-net無料ブログ作成
観劇レポ:美女と野獣 ブログトップ

10.31*高木美果さんベル!観劇レポ「美女と野獣」 [観劇レポ:美女と野獣]

土曜日に母が上京してきて、
一緒に「美女と野獣」を観てきました[ハート][ぴかぴか(新しい)]

私は夏休みにもBBは最前列センターブロックで観れたのですが
(⇒http://memoires-du-son.blog.so-net.ne.jp/2011-07-29 )
そのときは一人でチケット取って友達と合流って感じで(^_^;)
それを母に言ったら「お母さんが美女と野獣好きなの知ってるくせに[ちっ(怒った顔)]
と言われたのでタイミングを狙って今回は親子では初の最前列でした!(笑)


10.29 ソワレ
@四季劇場 夏


10.29.jpg

ビースト : 飯田洋輔
ベル : 高木美果
モリース : 石波義人
ガストン : 田島亨祐
ルミエール : 百々義則
ルフウ : 中嶋 徹
コッグスワース : 青羽 剛
ミセス・ポット : 織笠里佳子
タンス夫人 : 倉斗絢子
バベット : 長寿真世
チップ : 川良美由紀


【男性アンサンブル】
川原信弘
中田雄太
藤山大祐
菊地智弘
安江洋介
安芸雅史
高橋 徹
塩山 力
清川 晶
川村 英

【女性アンサンブル】
時枝里好
千村璃永
礒辺愛奈
森田江里佳
倖田未稀
成松 藍
市村涼子
渡辺夕紀
市川友貴
大石眞由

私はおとといで3回目の観劇でしたが、
今回の東京公演に出演されている3人のビースト
(佐野正幸さん、福井晶一さん、おとといの飯田洋輔さん)と
3人のベル(坂本里咲さん、鳥原如未さん、昨日の高木美果さん)を
全員見れたことになります!!!

しかも!
今週からベルは、坂本里咲さんに戻っていますね。
ほんとBBはキャスト運に恵まれてます\(^o^)/


高木さんは、以前にも書きましたが去年の夏に名古屋で
2列目でオペラ座を観たときのクリスティーヌで、
とにかくめちゃめちゃ美人でもちろん歌も文句なしに上手くて、
親子で好きになった女優さんです[黒ハート]

クリスティーヌされているときからイベントでベルを演ってみたいって
おっしゃってたそうですし、絶対見たかったんです[るんるん]

まだデビューされたのは最近ですが、期待以上でした。

転換が街になって幕が開いて、ベルが顔の前から本を下ろして
お顔が見えた瞬間もう息を飲むくらいの美しさ…!

ほんと、同じ人間とは思えないくらい綺麗。
というより、普通にその辺のモデルさんや芸能人よりずっと美しいと思います[ぴかぴか(新しい)]
ディズニーアニメの世界から抜け出してきた、よりも
ディズニーランドのパレードでベルの格好して手ふっててもいいくらい綺麗です[黒ハート]


クリスティーヌのときはそんなに小柄だとは思わなかったのですが、
実際すごく小さい方ですよね[ひらめき]
モリースより小柄なベルは初めてでした*

ガストンに振り回されたり引きずられるところなんて、
ぶっ飛んじゃいそうなくらい(笑)

それに、ベルの衣装はほとんど露出度がないのであんまり分からなかったのですが、
1幕最後にビーストにブラウスの袖破られちゃって
2幕でやっと腕が見えたときに、あまりの細さにびっくりしました…
骨とか筋とか浮いちゃうくらい細くて(+_+)
あの細さからあの声が出るんだなあ..


歌は、高木さんらしいビブラートがんがんの超美声(*^_^*)[黒ハート]

高木さんにとってはWSSマリアやクリスティーヌの歌と比べたら
物足りないくらいなんじゃないかな、っていうくらい
もうどの曲も音域余裕すぎて声量が半端なかったです…!

表情も、クリスティーヌのときはどちらかというと
(夢見てるような子の役づくりかもしれませんが…)
綺麗な能面っぽかった記憶がありますが、
ベルではコロコロと変わってこっちの表情もつられそうなくらい表情豊かで
「♪マダームガストン!」とか特にcuteでした☆


Home(我が家)なんて、センターブロックの少しだけ下手寄りだったおかげで
最後までほんっとに真ん前でどきどきしちゃいました><[黒ハート]

ほんとに涙ぐんで歌われるから泣くところじゃないのに、
もらい泣きしそうなくらいの近さ!

「♪たとえ高い壁に囲まれても」で、ばって手を上げて
「♪いつかはきっと 崩れてゆく」で下げるところがめちゃめちゃ好きです(笑)


喋るときも、歌うときの喉の場所から声が出てる感じがして
セリフの声までめっちゃ美声です。
森で「パパーっ!!!」って叫ぶところでなぜか鳥肌たちました!


高木さん、韓国出身の女優さんですがもう四季歴かなり長いですよね。
ベルはクリスティーヌと違ってかなりセリフが多いですが、
訛りはぜんっぜん感じませんでした!
意識してしまえば気になる方もいるかもしれませんが、
私は「日本語が上手」の代表なイメージの江畑さんと同レベルで気になりませんでしたよ。

「面白かったわ~!この豆の木と怖い鬼の話!また新しいのを..」
「一息に!新しいの、あります?」
「ありがとう…!」
最初のシーンから
イントネーション完璧で綺麗な日本語だったので、
すっと安心して見られたのもあると思います[手(チョキ)][ハート]


小柄で華奢なので、ベルが踊り始めたときのインパクトは
坂本さんや鳥原さんのほうがありましたが、
リアル「美女」で、演技もお上手で声楽の方なのに
Be our guestでは両足も綺麗に頭の上まで上がっていました…[ぴかぴか(新しい)]
そういえば喉を壊しちゃったときにジャズダンスをやっていたと
かなり前のアルプ(四季第二章)で読んだ覚えがありますから、踊れるのでしょうか。

でも四季って秋さんもそうですが、
バリバリの「シンガー枠」の方たちでもなんだかんだ
遜色なく踊れる方ばかりな気がします!

樋口さんや花代さん、
美南さんや勝田さん、金平さんなんて、
シンガー?ダンサー?!って思っちゃうくらい踊れますものね[るんるん]
で、そういう方ってみなさん揃ってお綺麗だし…
あーーー(^o^)[失恋][失恋][失恋]


脱線しましたが[あせあせ(飛び散る汗)]
beaucoup de belleな高木さんBelle、2幕の衣装は更に見ているだけで
しあわせな気持ちになれるくらいお似合いで本当に綺麗でした。

「ピンクだ!」の衣装と、あの黄色のドレスは
もう客席からため息がもれていたほど[黒ハート]

そういえば、あの青いマント?ローブ?をはおると、
もろ「墓場」のときのクリスティーヌですね!

カテコではドレスの内側を自分でふんじゃったのかよろっとしてて
ちょこっとだけ素の表情が見えたのが可愛くて、好感度アップでした←


…高木さんだけでこんなに書いちゃったので続きはさくっと(笑)

ビーストの飯田さんも初!
キャッツではガス=グロタイで何回か拝見していましたが、
もちろん素顔見えないし、今回は野獣だし、
王子様に戻るところまでほんとにお顔を知らなかったので
予想外のイケメンでびっくりしました!!!
物語が求めるような衝撃がありました(笑)

演技も歌も声も容姿も、3人のビーストのなかで
1番好みかもしれないです[黒ハート][黒ハート][黒ハート]

笑いの取り方が上手すぎるんです!

「紳士的に…!」でミセスポットたちと深呼吸するところ、
「よろしくお願いします…」のところ、
ガストン風に「Belle~!」って呼ぶところ、
手のケガを消毒してもらって「ぁイタ…!痛いよ!」とか..

何より「…!ピンクだ![わーい(嬉しい顔)][ひらめき]
が可愛すぎてキュンキュンしました(笑)

歌はガスでも分かっていましたが、さすが藝大~!
「愛せぬならば」はこうじゃなきゃ!
(←佐野さんも凄かったのですが、前回の福井さんは少し物足りなかったので><)

「この身をーーーーーー!」は膝をぎゅーっと折りながら
どこまでも伸ばしてやる~!って感じの凄まじいロングトーンでう感動しました。

幕が全部降りる前から拍手が起こったし、
あの客席がざわめく感じはウィキッドやオペラ座、アイーダの幕間と同じですね♪


でも…
思っているよりビーストもベルもたくさんは歌わないし踊らないですよね!

1番肉体的に大変なのって絶対にガストンだと思うんです(笑)

ガストン、ダンスや振りがめちゃめちゃ多いし、
どう考えても1番たくさん歌ってることに3回目にして気付きました!

田島さんって、2週間野中さんになった以外は
夏劇場で開幕してからずっとガストンですよね…?すごすぎます(*_*)
他の方のガストン、想像つかないなあ。

逆に、田島さんの他の役も想像つかないのですが…(笑)
プロフィールによると、それこそガスもされていたようなのでいつか見てみたいです。


いつもポット夫人は遠藤さんだったので
緒笠さんも初見キャストさんでしたが、
独特のお声だけどすごく歌い方好きでした。
夢醒め名古屋公演ではマコのママを長く演っていらっしゃいましたが
すごく優しい声なので、とっても想像ができました(>_<)[黒ハート]


本当にBBは心が洗われます。
Be our guestと、ラストのBeauty and the beastはいつも幸せすぎて涙が出ます。
今回もたくさん幸せを頂きました[黒ハート][黒ハート][黒ハート]

おまけ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

7.28*「美女と野獣」観劇レポ [観劇レポ:美女と野獣]

7月28日(木)マチネ
「美女と野獣」@四季劇場夏

ビースト:福井晶一
ベル:鳥原如未
モリース:林 和男
ガストン:田島亨祐
ルミエール:百々義則
ルフウ:遊佐真一
コッグスワース:青羽 剛
ミセス・ポット:遠藤珠生
タンス夫人:倉斗絢子
バベット:長寿真世
チップ:牧野友紀


【男性アンサンブル】
川原信弘
中田雄太
戸高圭介
菊地智弘
安江洋介
安芸雅史
林 晃平
石野喜一
影山 徹
熊川剣一

【女性アンサンブル】
浅井美波
渡辺由紀乃
福岡唯子
森田江里佳
吉田千恵
高橋えみ
加藤あゆ美
渡辺夕紀
市川友貴
鳥海郁衣


BBはまだ2回目でしかも1月
(⇒http://memoires-du-son.blog.so-net.ne.jp/archive/c2301652469-1 )から見ていなかったし、
キャストさんも
ベル:坂本里咲さん→鳥原如未さん
ビースト:佐野正幸さん→福井晶一さん
と、若返った(失礼[あせあせ(飛び散る汗)])感じ?

とっても新鮮に見ることができました[わーい(嬉しい顔)][ぴかぴか(新しい)]

人生初の最前列センターでの観劇だったのですが、
夏劇場はとにかく冷房が効きすぎていて…
しかもドライアイスのシーンが多いのでめちゃめちゃ寒かったです(笑)
でも、やっぱり近いですね最前列って!!!
ほんとに楽しかった[黒ハート]

では気になった方を軽くレポ[黒ハート][黒ハート][黒ハート]

☆鳥原如未さん/ベル
一目見ただけで鳥肌が立ったくらい、さすが宝塚ご出身…
ほんっとに綺麗です[ぴかぴか(新しい)]
原作アニメの世界からそのまま抜け出てきたようでした[黒ハート]
センターブロック内で少し下手よりだったので、
「HOME」を歌っているときや、食事のシーンだと本当に目の前で…
あまりの美しさに同性でも目がハートになっちゃいます(笑)
特に2幕のピンクのドレスや、あの黄色のドレスがすごくお似合い!♪

セリフの言い方は、坂本さんベルのコピーのようで
目をつぶっていたら聞き分けられないなと思ったほど[ひらめき]
「失礼よ!」「どうしてあなたはそんなにいばっているの?」「お腹すいてないの」とか、
特に似ていました。

お年は坂本さんの方が上ですが、
坂本さんのベルはほんとに純粋な少女な感じが強くて
逆に鳥原さんのベルはそれに何か色気がプラスされてる感じがしました。
(注**あくまで個人的な印象です!)

ガストンの嫌がり具合は鳥原さんの方が上だったかも…(笑)

歌もダンスも完璧で、
しかもちょっとした手の上げ下ろしや椅子に座るだけの動作など、
全ての所作が本当に綺麗で見とれてしまいます。
ベルが舞台にいるときはベルだけを目で追ってしまうような…
鳥原さんが、こんなにすごい華麗な存在感がある女優さんとは知りませんでした…!
またひとり、好きな女優さんが増えました[黒ハート]

歌は少しビブラートがきつめでしたが私はすごく好き[黒ハート]
高音の伸びも余裕って感じがしたので
ぜひクリスティーヌやグリンダをやって頂きたいなと思いました[ぴかぴか(新しい)]


☆福井晶一さん/ビースト
WSSのトニーの動画などでたくさん見ているのであまりそんな感じがしませんでしたが、
舞台で拝見するのは初めて[ぴかぴか(新しい)]
セリフがすごくいい声…!
声楽ご出身ではないのにすごいですよね[るんるん]
歌は「愛せぬならば」の迫力がもう少し欲しかったです…
佐野さんのときは寒気がするくらいぞわっとくる感動があったのですが、
最後のロングトーンなど苦しそうに振り絞ってる感じが結構あったので
ヒヤヒヤしてしまい…。
全体的にこもっている感じがしたので、
もいかしたら喉の調子が良くなかったのかもしれません><

「ドレスについて何か言うのです!」
「…ピンクだ!」のシーン、ビーストがすごく可愛くてこの間きゅんってきた
大好きなシーンなんですけど…
あっさり流して行ってしまったのもショックでした泣

そういえば…
「命令だ!」っていうセリフ、1幕にありますよね?[ひらめき]
そこがものすごーーーくラダメスっぽくてカッコよかったです[黒ハート][黒ハート][黒ハート]
王子様に戻ったシーンは本当に王子様だったし..
やっぱり福井さんラダメス見てみたいなあ..[ぴかぴか(新しい)]


☆田島亭祐さん/ガストン
大連投にも関わらず、すっごくお元気でした!(笑)
素の田島さんが全く想像できないくらいガストンって感じなので
今度は別の役でも拝見してみたいです。
ガストン風味なガス(CATS)になるのかな…
それに、ビーストもできそうなくらいいいお声…♪

マグダンスも余裕に見えますが、
近くだったので目線を追ってみると
みなさん隣の人の手をしっかり見ていたり…
そして汗だくでも、すっごい笑顔。
あのマグダンスのシーンとBe our guestは何十回でも
巻き戻して見たくなっちゃうほど大好きなんです*
BOGは特に、なんだか幸せすぎて涙が出そうになりました…
もう年でしょうか…(まだ18歳…笑)



コッグスワースの青羽剛さんと、
ルミエールの百々義則さんのベテランの名人芸のようなやり取りには
子供たちから大ウケでたびたび爆笑が起こっていました[わーい(嬉しい顔)][ハートたち(複数ハート)]

そして遠藤珠生さんのポット夫人は、
静かに沁みわたってくる歌声と優しい表情で1番の感動を頂きました。
脇もがっちり固まっていて素晴らしい舞台で、大満足でした[ぴかぴか(新しい)]



公式サイトに今日出ましたが…

四季劇場[夏]に記念撮影スポット“ガストンの酒場”が登場!
http://www.shiki.jp/navi02/news/015107.html
28日からありました!
もちろんやりました(笑)
7.28 1.jpg
撮影は偶然観劇日がかぶった友達[るんるん]thx!

1周年のスタンプもキャストシートの裏に…[ぴかぴか(新しい)]
7.28 2.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

1.21*初「美女と野獣」 [観劇レポ:美女と野獣]

So-netでは初レポです!
小学生並みの文章かと思いますが
よかったら読んでくださいね♪

昨日は初めて<四季劇場 夏>に
美女と野獣を
観に行ってきました(*^o^*)

完売の日が多い演目だし、
夏に先行予約頑張って
センターの前から2列目を
GETしていたので母と
ずっと楽しみにしていました。

写真の貼り方が分からないので
公式からコピってきました(笑)
昨日のキャストさんです。

ビースト:佐野正幸
ベル : 坂本里咲
モリース:松下武史
ガストン:田島亨祐
ルミエール:道口瑞之
ルフウ:江上健二
コッグスワース:青木 朗
ミセス・ポット:遠藤珠生
タンス夫人:織笠里佳子
バベット:長寿真世
チップ:川良美由紀

ビーストは
金曜ロードショーのオペラ座の怪人
吹き替えラウルで
ファンになった佐野さん
特に期待して席に着きました。

ちゃんと映画も観たことがなくて
予備知識ほぼなしで行ったのですが
開演から3時間がずっと
ほんっっっっっっとに
夢の世界でさすがDisney…!

そしてちゃんと見てなくて笑
コッグスワースが青木朗さんで
びっくりしました!
東京公演初登場だったみたいですね!
ラッキー!

PVと稽古場映像だけですごく感動して、
そしてソンダンでも観たし期待大だった
<Be our guest>は
実際に観るともう言葉にできないくらい
目の前で人間がやってるとは信じられないくらい
素晴らしくて…!
まさか舞台上で花火噴射されるとは!!!

ビーストがとにかくツンデレで可愛いし
1幕lastの<愛せぬならば>は
ものすごい鳥肌立っちゃって、
すっかり佐野さんにはまっちゃいました…♪
地元でぜひファントムも拝見したかったです涙

ラストのビーストはどうやって
王子に一瞬で変わったのか
どなたか教えてください(笑)

変わるということは知っていたから
あんな前で目をこらしていたのに
分からなかった…!
佐野さん、ほんとに王子様でしたっ

とにかく温かい気持ちになれて
卒試とかソルフェージュのグレード試験とか
あのクライマックスで
ほとんど忘れられました☆
はあ~癒された(>_<)

そうそう!
坂本里咲さん!
日本で1番多くベルを演じていらっしゃるそうですね。
なんとお母さんより年上!
でもほんとにBelleだったし、
Be our guestの足上げも誰より綺麗に
頭の上まで上がっていてびっくりしました。

あれだけ毎日美しい!美女!と言われ続けたら
老けないのかな?(笑)
完璧なベル像で感動しました。

でも他のベルも観てみたいです!
キャスティングされている方で
宝塚娘役出身の方がいらっしゃいますね(^o^)

そしてやっぱり濱田さんの
入団3ヶ月ベルでデビューは
特別なんだろうなとも思いました♪


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇
観劇レポ:美女と野獣 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。