So-net無料ブログ作成
観劇レポ:アイーダ ブログトップ

3.29*また「アイーダ」行ってきました [観劇レポ:アイーダ]

春休み最後の観劇です><
また大阪に行ってきちゃいました♪
名古屋からなら新幹線で1時間だけど
今日東京に戻ってきたのでもう当分行けません泣
満喫してきました!
今回はアイーダの濱田めぐみさん中心のレポになるかな?♥

「アイーダ」3月29日(火)マチネ
@大阪四季劇場

以前からチケットは持っていたのですが
26日の私の話を聞いた母も行きたいと言い出して
前日予約しました。

…なんと1階6列目のセンターブロック下手寄りが取れたんです!
前予でこんなにいい席が取れたのは初めてでびっくりしました。
本当ならそこは母の席ですが
持っていた9列目で母が観劇して
あたしはちゃっかりその6列目に座っちゃいました(^^;)

キャストさんはもちろん26日と変わらず♥
3.26.jpg

まず席が本当に絶好の位置でびっくりしました。
アイーダがラダメスの背中を拭くシーンが目の前で、
他にも捕虜にされたヌビア人たちの前で
ラダメスとゾーザーが話しているシーンのアイーダ達、
ウォッシングのシーンのアイーダ、
ネヘブカがローブを見せるシーン、
「どうしたらいい」最初はアムネリス,入れ替わってからはアイーダが目の前だったり
アモナスロ王に「忘れるのだ!そんな男のことは!」と言われるシーン、
メレブが死ぬシーンや「真実を見た」のアムネリスも目の前のポジション!
そして裁判のシーン~「迷いつつrep.」ではラダメスが目の前で
本当に阿久津さんの表情が素晴らしくて…!
マイクが拾っていない生声や
アンサンブルさんの息使いや表情まで見えて感動もひとしお、でした(*^^*)

そして今回も濱田めぐみさんの完璧なアイーダにはノックアウトされちゃいました><
最初のシーン、(だいたいの記憶なので違ってたら教えてください..)
ラダメス「お前の父親はヌビアの男が自分の国の女を守れないことを知っていたのだ!」
から
ラダメス「危ない生き方が好きなんだな!」
アイーダ「垢だらけのエジプト人を洗う(足バン!)くらい好きかもね!」
ラダメス「こいつ…!」
アイーダ「♪あなたーたちには!うばーえない!」

息もぴったりで「圧巻の演技」ってこのことをいうのだろうな..と思いました。
お二人とも演技と思えなくて、
しかも濱田さんの歌いだしが目の前であまりの迫力に感極まって(笑)、
そこだけで泣いちゃいそうでした。
溢れそうなくらいいっぱい涙を浮かべながらの「あの日は遠くに」から
まわりのお客さんすごい泣かれていました。

濱田さんの演技で後ろにいるときでもすごく細かく演技されているのにも気づいて
いちいち感動してしまいました。
「私も知っている」で「♪あなたは王女..囚われるまで」で
「…っ?!」と息を飲んだときの表情や
メレブにアムネリスの部屋に連れていかれ
メレブが「アムネリス王女さま~!」と話しかけたときに
口で小さく「アムネリス…」と言って様子を見ている姿、
そのあと裁縫部屋へ?と出ていくときに
メレブににっこり笑いかけていたり、
晩餐会で果物や盃などを運ぶ姿も他の侍女とは違ったり..
小首をかしげて「ヌビアのことを話してるの?」と聞くのがすごく可愛かったり..
ネヘブカがラダメスにもらった果物を見せに来たあとの
「♪愛ーのたーめにすべてーを」で歌いながら
アムネリスと顔を合わせてくしゃっと泣きそうな顔をして
膝に手をついて腰を折ってから「♪全てを捨てて」で顔をあげたり。

「ローブのダンス」は濱田さんの歌だけでなく
アンサンブルさんのダンスもすごい迫力で
曲が終わってから10秒以上ショーストップするほどの喝采でした。

東京では「迷いつつ」のあと拍手がある日ってほとんどなかったんですけど
大阪では2回ともここでも拍手。
そのあとこの間はアイーダ、ラダメスにもらったネックレスを
鼻にのせて遊んでいましたが
今回の濱田さんはひっくり返したりしげしげと見ながら…「愛してるわ」でした。
もうこのシーンの阿久津さんの「命令だっ♥」も
濱田さんが口をおさえて楽しそうに笑うのもものすごく可愛くて!><
直後すぐにヌビアの王が捕えられるから
本当にアイーダとラダメスが幸せなのはこのシーンだけですよね。

そのあとの「神が愛するヌビア」はもう..
言葉にできないくらい、
CDの何十倍も生のほうが素晴らしかったです。
濱田さんは前回よりも歌詞じゃないところ(ahh~とか)もかなりしっかり歌われていて
厚みがすっっごかったし、
ネヘブカの石倉さんが歌うhi-hi-Cからのラスト
アレンジが「♪C~EDC eD,C------」とちっちゃいeを装飾音的に入れていました♪

「神が愛するヌビア」のラストも
「人生の苦しみ」のラストも手の切り方がめちゃめちゃカッコイイ><
「♪あたーしの…愛が~~~!!!」は、ロングトーンまだ少し
鳴っているうちから拍手が起こりました。
この歌、江畑さんアイーダもすごく良かったのを思い出しました♥
ロングトーンをどんどんcresc.していつまででも伸ばせそうな感じで。
hi-Cを地声で張っているのってよく考えたら本当にすごい><
この曲からラストまでアイーダはずっと苦悩の表情ですよね。
もう歌だけでなく演技に、表情に涙がでました。

特に「星のさだめ」の間奏の長いやりとりのあと
ラダメスを突き放すように手を前に出してぐっと後ろに下がって
「♪かえられない二人のさだめ…」と歌いだすところ…
歌が終わり崩れそうになるアイーダを支えたラダメスが
「国に帰れ。」「君が自由になれば少しは気も楽になる」と言って去ったあと
ううっ…とまた崩れそうに顔に手をあてて一瞬泣いた後
泣いてる場合じゃない!というようにきっと上を向いてから走って行く姿は
国と愛の板挟みになる王女の苦しみが
言葉がないのにぐっと伝わってきました。

そしてそのあとのアムネリスの佐渡さんの表情がまた..
アイーダが去った上手のほうをじっと見てから
ふっとラダメスが去った下手を見て..
ご本人は涙を流すでもなく淡々と歌われている感じなのに
それがまた逆に辛く感じました。
「真実を見た」の佐渡さん、ラストCDだと「♪D-A~~~~~~G」だけど
アレンジ「♪D-A~~~H-B-G」もステキでした。


濱田めぐみさん、
阿久津陽一郎さん、
佐渡寧子さん、
飯野おさみさん、
初演キャストでもあるこの4人のみなさんって
歌声や演技が素晴らしいのはもちろんですが
セリフの言い方が四季っぽくないっていうか
開口ばりばりじゃなく、
だけどちゃんとセリフは1音1音聞こえるのでものすごく感情移入できます。
でもメレブは..
死ぬ間際までゆっくりはっきりくっきり喋るので
どうしても死にそうに見えないのが残念でした。
アイーダに「あなたは…」間があって「あたしを勇気づけてくれたわ!」
と言われて見せる笑顔はいいなあって思いました。
東京で1度だけ見れた有賀さんがあたしの中の(超勝手な)メレブの理想です…♥

「迷いつつrip」
アカペラで♪ひとは…迷いながら…
のあと少し間があって
♪人生を…
と歌いだした濱田さん、涙は見えなかったんですけど声が震えていてそのppと
「儚い喜びrip.」の
♪あの地平線目指し..のppがすごく綺麗でした。

墓の中で手を探す二人と
ぎゅうっと抱き合う姿、
囁くように「♪二人だけの…世界…へ」で消えていく声、
現代・博物館のシーンに戻ってからのほんとのラストシーンで佐渡さんが
濱田さんと阿久津さんに向ける慈愛に満ちた表情も..
本当に、最初から最後まで演技と思えない素晴らしい3時間でした。

今回のカーテンコールも平日なのにすごい盛り上がりで
ほぼ満席のお客さんが客電がついて、
追い出しの音楽も終わり
オールスタンディングになって
メイン3人だけの挨拶が3回くらい繰り返されても
拍手がいつまでも止まず
最後に全員の挨拶とばいばいでやっと終わりました。


何百回も上演しているうちのたった2回で、
(通算したら濱田さんなんてもう1000回近くアイーダ演じていらっしゃいますよね!)
ここまで感動させて頂いたのは初めてでした。
26日と29日のこの感動、
本当に一生忘れられないと思います。
今日も意識が半分以上エジプトにあって(笑)、
ぼーっとしちゃっていました…。

アイーダ:濱田めぐみ
アムネリス:佐渡寧子
ラダメス:阿久津陽一郎
メレブ:中嶋 徹
ゾーザー:飯野おさみ
アモナスロ:石原義文
ファラオ:勅使瓦武志

【男性アンサンブル】
黒川 輝
朱 涛
田井 啓
品川芳晃
江田あつし
中村 巌
森 健太郎
徳永義満

【女性アンサンブル】
石倉康子
宝生 慧
加藤久美子
須田綾乃
駅田郁美
杏 奈
高橋亜衣
濱田恵里子

    *最高の舞台をありがとうございました*

そして公式サイトのアイーダのページには
いまのキャストさんがメインの新しいPV、出ていますね♥





おまけ


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

3.26*「アイーダ」観劇 [観劇レポ:アイーダ]

3月26日マチネ
@大阪四季劇場

3.26 キャスボ.jpg


アイーダ : 濱田めぐみ
アムネリス : 佐渡寧子
ラダメス : 阿久津陽一郎
メレブ : 中嶋 徹
ゾーザー : 飯野おさみ
アモナスロ : 石原義文
ファラオ : 勅使瓦武志


【男性アンサンブル】
黒川 輝
朱 涛
田井 啓
品川芳晃
江田あつし
中村 巌
森 健太郎
徳永義満

【女性アンサンブル】
石倉康子
宝生 慧
加藤久美子
須田綾乃
駅田郁美
杏 奈
高橋亜衣
濱田恵里子



阿久津陽一郎さんのラダメス
佐渡寧子さんのアムネリス
飯野おさみさんのゾーザー…
そしていつか絶対見たい..とずっと願っていた濱田めぐみさんのアイーダという、
CDで何千回も聴いていた初演キャストでの夢のような「アイーダ」を見てきました!

東京公演が終わる3ヶ月前くらいに
はまった私なのでいま挙げた4人の方々もアイーダでは初めてでしたし、
ネヘブカの石倉康子さん、
メレブの中嶋徹さんも初めてで..
アイーダを見るのは6~7回目でしたが半年ぶりというのもあり、すごく新鮮な感じがしました。

席も1階8列目のセンターで、俳優さんが真ん中に来るときに
本当に目の前になるど真ん中のすごくいい位置だったし
もう夢の中にいたみたいなしあわせすぎる3時間でした><

書きたいシーン、セリフ、あの歌のここ!とかは本当に山のようにあるのですが、
とにかく言いたいのは、いままで見てきたたくさんの舞台のなかで
ほんっっっっっとにダントツ1番でした!最高でした!
…んー足りないです(笑)
もっといい言葉がほしい!

もちろん完売御礼だったし、
アイーダが歌うと..特に「ローブのダンス」などはショーストップするほどの拍手でした。

濱田さんのアイーダは、先月のドナの気配なんか全くなくて
凛としていて気品ある王女の姿は本当にカッコよくて
最初「あたしの仲間を放しなさい!」のセリフだけで全身に鳥肌が立っちゃいました。
でも、
「あたしもそこに行ってみたいっ!><」
「靴を脱ぎ捨てて走るの!♪」
「愛してるわ」のあとの口をふさいでンーっ!指でバッテンでンっ!は笑いが起こったり
ラダメスと2人っきりだとところどころものすごく可愛かったです。

そしてメレブやヌビア人に対する目が本当に優しくて
ラダメスの「アイーダは素晴らしい。心からヌビアの民のことを考えている」
という言葉がまさにぴったり。

「アイーダは絶対濱田さんじゃなきゃ!」という方がすごく多いのも納得で..
会場中に共鳴してゆれているように感じるくらいのすごい声量はもちろん
「神が愛するヌビア」や「迷いつつ(リプ)」の出だしのppでも
こちら側にまで迫ってくるような説得力のある素晴らしい歌声で感動しっぱなしでした。

本当に最初から最後まで、頭から指先までどこにも「濱田めぐみさん」はいなくて、
アイーダそのものなんです。本当に本当に素晴らしかった。
…改めて、東京公演でもっと早く四季のアイーダを知りたかったと痛感しました泣

「迷いつつ」「星のさだめ」など阿久津さんラダメスとのduetは
2人のハーモニーや倍音のぶつかり方が完璧で
聴いていてとにかく心地よくて、ずっとずーっと聴いていたかった!
息もぴったりで「儚い喜び」で
♪どーしたのかな..の「ど~」が半拍ズレるズレ方までぴったりで:)
そうそう阿久津さん!CDの1万倍くらいお上手でびっくりしました!
もうカッコよかったあ~><
「♪きーけん↑おーかーして」「♪なぜひかれ↑る~のだー!」
阿久津さんの高音ダイスキです♪

カッコイイ将軍のときと
アイーダやゾーザーに思いっきり怒っているとき、
アムネリスの寝室でのひそひそ声、
アイーダへの大好き光線?(笑)もだし、
色んな感情とか表情にこれっくらい(手を上下に大きく広げましたw)すごく起伏があって
墓場に入れられてからは阿久津さんの声も震えていて。
サムの訳わかんない感じも好きでしたがそれよりも、
ラダメスの阿久津さんがもっと好き!ほんとにステキでした。

初めて見た佐渡さんはとにかく美しくて歌声もパンチがあって…
「♪とーきは古代エジプトのーーーーー!」と、かなり伸ばしていらっしゃって
その間あたしなんか頭しびれてました(大丈夫?w)
いままで鈴木ほのかさんのアムネリスしか見たことがなくて、
ほのかさんはほんとに可愛いお姫様って感じでかなりぶりっこされてて
「はしたないっ!」でガバって脱いだり..
がんがん笑いをとられていたので、それに比べると佐渡さんは少しクールに感じました♪

メレブの中嶋さんはちょっと顔があまりにも怖くて..
「何よりご自分を愛される宰相さま」
「そしてアクセサリー!」
「そばで声援を送るほうが…」など
笑いが起こるところで全く起こらなかったり
「♪ありえーない」が裏返ってしまったり..
あとメインの方々がすごく自然なセリフの言い方なので
四季メソッドばりばりの開口は中嶋さんだけで
セリフのテンポが違いすぎるのが気になりました。
あたしはあまり好きなメレブじゃなかったかもです。

ネヘブカの石倉さん、ゾーザーの飯野さん、
もうさすがでした…!

**


「あの日は遠くに」
もう帰らない 故郷は
打ち砕かれた しあわせなとき
あたしたちの国 いま汚され

時はくりかえす 悪夢のように
切れることのない 時の狭間に
飲み込まれるのを ただ見つめるだけ

いまは虚しさが心を包む
忌まわしいときが みんなを覆いつくす
(略)




「神が愛するヌビア」
思い出すあの日 遠い故郷
いつかまた帰る ともに手を取り
あふれる光が あたしを導くの
大地の歌声が 聞こえるでしょう

神の国よ 輝く祖国
神に愛され栄えあれと
いまはヌビア 悲しき祖国
たとえその身が傷ついても

いまはヌビア 涙の祖国
その悲しみはいつか消えるわ
永久にヌビア 信じ続ける
心と心結びあう
いつかヌビア 栄えよ祖国
その魂は燃え続けるよ
(略)


**
この2曲は本当にいま東北で起こっている現実とリンクして..

とくに“神が愛するヌビア”はアイーダが「ヌビアは決して滅びない!」
と力強く叫んだ後、すっと目を閉じて「思い出すあの日…」と呟くように歌いだされてから、
ネヘブカをはじめみなさんすごい涙を流しながらの絶唱という感じで…

祈りの気持ちが伝わってきた気がして..どこか心の底からぐらぐらときちゃって
1幕が終わってからもしばらく立ち上がれませんでした。


東日本大震災、日に日に被害の全体が分かるのが本当に辛いです。 自分が出来ることを出来るだけすることしかできません。 自分の力はあまりにも微力ですが本当に、1日も早い復興と 被災者の方々の傷が癒えることを心よりお祈りいたします。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
観劇レポ:アイーダ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。