So-net無料ブログ作成

11.26*木村花代さんバースディライブ~35steps~スペシャルゲスト吉沢梨絵さん♪ [*その他コンサートなどレポ]

2012.11.26(月)19:30~
木村花代バースディライブ 35steps
@目黒ブルースアレイ

Vo.木村花代

Pf.砂原嘉博
Vl.柴田奈穂
Per.飯塚直

Special guest:吉沢梨絵
構成演出:奈良坂潤紀


明後日11月28日に35歳になられる、木村花代さんのバースディライブに行ってきました!
花代さんのソロライブは今回で3回目♪
ちなみに..
1回目☆2.9*木村花代さんソロライブ「真冬のお花見」http://memoires-du-son.blog.so-net.ne.jp/2011-02-10
2回目☆11.30*木村花代さんライブ「花んしゃ祭」http://memoires-du-son.blog.so-net.ne.jp/2011-11-30

私は、どちらも関内にあるバーのような場所でされている回しか行ったことなかったのですが、今回は目黒にあるライブレストラン「ブルースアレイ」にて!
ここを使われるのは3回目だそうです。

花代さんのライブは、ご本人曰く「強制参加型ライブ」ということで、
お客さんをがんがん巻き込んで、からんで、いじって進んでいくのでトークもたくさん!
なんと3時間近いんです(笑)
私は全然常連さんじゃないのでアレですが、お客様の慣れ具合も素晴らしく…(笑)
でも本当に温かく、アットホームな空間です。
花代さん、奈良坂さんの初めてのお客さんへの心遣いもステキですし[るんるん]
でも、というわけでトークまで全部書いていたらほんとに夜が明けるので、ナンバーごとのレポをさっくりお届けします。
ご興味のある方はどうぞ[黒ハート]

今回の「35steps」という題は何かを彷彿とさせますね?(^^)
プログラムがそっくりそのまま劇団を思い出すものなので、UPは自粛~!(笑)

それで、35年間の人生、ミュージカルで生きてきた花代さん!というわけで今回は全編ミュージカルナンバーのみ!
そして第1部は花代さんの人生の半分ほども占めている、劇団四季のナンバーのみで構成されているという四季ヲタには嬉しい演出でした[黒ハート][黒ハート][黒ハート][黒ハート]

ステキなピアノとヴァイオリン、そしてパーカッションで「紅の豚」より“時には昔の話を”のイントロが終わると花代さん登場!
白のふんわりとしたドレスに、同じくふんわりとしたダウンスタイルの髪型でお姫様みたい[ぴかぴか(新しい)]
本当に綺麗!


最初の曲はリトルマーメイドのアリエルの有名なナンバー
☆Part of your world
「なんで私が辞めてから四季でやるのよー!」と悔しいくらい、とおっしゃっていました(笑)
ディズニー作品でアリエルが1番好きなんですって[ハート][ぴかぴか(新しい)]
お姫様みたいに可愛い花代さんの容姿にもぴったり、そして優しい声質にもぴったり合っていて、私も花代さんが歌うこのナンバー大好きです!

そしてクレイジーフォーユーからポリーのナンバー
☆Someone to watch over me

エルリックコスモスの239時間(エルコスの祈り)からエルコスのナンバー
☆忘却の湖~語りかけよう
と、花代さんが演られた役の曲が続きます。

CFYのポリーは、CATSに出ていたのにいきなり電話がかかってきて、自主稽古の域を出ていないくらいのポリーを、いきなり浜松町の劇場で衣装もメイクもして2幕通し稽古!とか言われちゃって、登ったこともないバリケードの椅子を登らされて大変だった…という思い出もあるそうです[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]
「救急車女優」というニックネームまであったそうです(ほんと?笑)

エルコス役は、「美女と野獣」のダンサーアンサンブルで舞台デビューした花代さんが、初めてやらせてもらったタイトルロール!まだ20歳だったとか!

「同期の中で初舞台は1番最後だった…でもこれから順風満帆な女優人生が始まるのね…」
と思っていたら…
役に受かっては「おまえなにやってんだ!」と下ろされ、決まっては下ろされ…
でも「決めたのよ私は女優になるって!!!」
そんな流れでそのまま「コーラスライン」のディアナのワンシーンに、セリフもそのまま突入!
☆Nothing
後半、なんとディアナが二人?!二重唱?!
そう♪吉沢梨絵さんが登場!
元ディアナ二人の贅沢な共演でしたー!
これはもう会場のテンションMAXになりましたよ[るんるん]

同じ役をやることが多く、共演はほとんどなかったそうです。
コーラスラインで吉沢さんディアナ、花代さんヴァルというレアなこともあったそうですが、「あれずっと正面見てるしね」って[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]

もちろんこのお二人が揃ったら…
「夢から醒めた夢」より
☆お願いピコ
☆2人の世界
吉沢さんの声は若干、知寿さんっぽさも樋口さんっぽさもあるような独特な声質。
すごーーく小さくて華奢なのにすごいパワー!どこまでも地声で絶対に裏声に逃げない!
そんな吉沢さんのパワフルな硬めの声質のピコと、歌のお姉さんのような花代さんのマコの声が合わさった、贅沢で素晴らしい夢醒めの世界でした…[ぴかぴか(新しい)]
「30ピー歳のピコマコ!大丈夫かな―」とおっしゃっていましたが、まだ現役いけそうなくらいでしたよー!
拍手が鳴りやみませんでした…!

お茶目な花代さん、「私ね、これいつも一人でやってるの。微妙に声色かえて[たらーっ(汗)]」って。

歌っている最中にモニターに映し出されている四季時代のオフショット写真で、樋口さんと花代さんのダブルピコショットがあり、ひとりで「きゃー(>_<)」ってなってました[黒ハート]

吉沢さんソロも1曲。「ウィキッド」から
☆The wizard and I
初めて歌うー!とおっしゃっていましたが、すごいパワーで聴かせてくださいました。
吉沢さんの歌声って、失礼ですがすごく綺麗な声とかじゃないんですけど…でも魂が宿ってるソウルフルな歌声で感動しました。
花代さんの声は、どちらかというとずっと聴いていたいほどひたすら美しい声に聴き惚れちゃう感じ。
どちらが好き、とかではなくなんか感動の種類が違うんです!
いつもの濱田さんへの感動は、どちらかというと吉沢さん寄りかな。
そして、お二人で…
☆For good
長2度高いバージョンで、ちょっと耳が慣れなかったんですけどやっぱこの曲好き。
原詞はもっと泣けますよね…
そしてグリンダは花代さん5回しかやっていない、超レアな役!


吉沢さん退場されて、続いては花代さんの四季メドレー!!!
ウェストサイドからTonight、キャッツのガス(劇場猫)、マンマミーアからHoney honey、JCSマリアの「私はイエスが分からない」(だっけ…)などなど。
個人的にソフィな花代さんが可愛すぎてツボでしたよ(#^.^#)

「いよいよ1部最後の曲になってしまいました…」
『ええええーーー!!?』
これは、花代ライブのお約束なので今度行かれる方はお忘れなく…
ラストは関西人花代さん特権?関西弁の、お客さん巻き込みーの、ウィキッドから
☆Popular
どう書いても、あの生の面白さには敵わないと思うので何も書かないでおきますっ♪


休憩を挟んで、第2部はお着替えをされた花代さん。
アップスタイルもとっても綺麗!ほんとに美人だなーってしみじみ思いました(誰。)

ミスサイゴンメドレー、そして2012年の新演出版から加わったエレンのソロ
☆Maybe
まだ花代さんしか歌っていない曲です。
ご本人も自慢されてました!(笑)
サイゴンのレポ(⇒http://memoires-du-son.blog.so-net.ne.jp/2012-09-30-1 )にはあまりにもシェーンベルクじゃない、って分かる継ぎ足された感がある…って書きましたが、こうやって単独で聴くと、いい曲です。
そして、ツアーの最中だけあって他の曲よりも入り込み度が違う感じ?目がエレンでした…!


プレゼントコーナーと告知を挟み、また衣装チェンジ(黒のキラキラドレス!)されて
奈良坂さんが今度出演される作品から
☆ベルナデットの歌
という曲を花代さんが歌ってくださったのですが、これがまたいい曲!
聖女の曲?らしいのですが、意外なところで私ヒットでした。


奈良坂さんとの夫婦デュエットもありましたよ~
「エリザベート」から
☆夜のボート
私、エリザベート観たことないので分かんないのですが「すれ違い夫婦の曲」っておっしゃっていて、そんな感じの歌詞でした(笑)
昨日までの2日間は、サイゴンで花代さん演じるエレンと夫婦のクリス役の一人、
原田優一さんがゲストだったそうなのですが、
そのときはもうガンガン会話が噛み合って客席爆笑!みたいな感じで…
でもガチ夫婦だと「何かが噛みあわない!そういうもんです」って[目]
エリザからはもう1曲、
☆私だけに
という曲もありましたが、次の☆Time to say goodbyeが良すぎてあんまり記憶が…スミマセン、サラブライトマン好きなもので。

Time to say goodbyeは、歌う前にこんなことをおっしゃっていました。
「四季で受け取ったバトン(役)を抱えるのではなく、次の世代へ受け渡していくことが自分の成長にもなると思い新しい世界へ足を踏み出した2012年、本当にファンの方の温かさが身に沁みました。感謝をこめて歌います」と。
この曲って、別れの歌っぽいタイトルですけど実は「愛し合う二人の旅立ちの歌」らしいです。
…えっと、奈良坂さんではなく私たちに歌ってくださったと信じていますっ(笑)

Quando sono sola            一人でいる時
sogno all'orizzonte            水平線を夢見て
e mancan le parole,           言葉を失ってしまう
si lo so che non c'è luce         太陽のない部屋は暗くて
in una stanza quando manca il sole,    あなたが側にいないと
se non ci sei tu con me, con me.      太陽は消えてしまうの
Su le finestre              全ての窓から
mostra a tutti il mio cuore         あなたが勝ち取った
che hai accesso,            私の心が広がってゆく
chiudi dentro me            私の中に
la luce che               あなたは光を注ぎ込んだの
hai incontrato per strada.         道端で見つけた光を

Time to say goodbye.           別れの時が来たわ
Paesi che non ho mai           見たことも
veduto e vissuto con te,          行ったこともない場所
adesso si li vivrò.
Con te partirò              今あなたと共に
su navi per mari             船に乗り海を越えて
che, io lo so,              旅立とう
no, no, non esistono più,         もうなくなってしまった海を越えて
it's time to say goodbye.         別れの時が来たわ


最後には常連のお客様かな?からサプライズなどがあり、プログラムにはなかったのですが花代さんからのお礼で「オペラ座の怪人」から
☆Think of me
Time to say goodbyeとThink of meで確信しました。
花代さんて、サラや本田美奈子さんと同じように、絶対クラシカルクロスオーバーの曲が合ってる!!!
Think of me絶品でした…
ビジュアルといい、声質といい、私が求めてるクリスティーヌこれだ!!!って思いました(笑)
花代さんが憧れて憧れて手に入れた役というだけあって、完璧な美しさ。
ちょっと感極まっていらっしゃるかな?と思いましたが最後のカデンツァまでびしっと!
オペラ座が見えましたよ[もうやだ~(悲しい顔)][ハートたち(複数ハート)]


アンコールは以前も書きましたが、新妻由佳子さん(新妻聖子さんのお姉さん)作詞作曲の、感謝と愛がたくさんたくさん詰まった、花代さん涙なしで歌えないオリジナルソング。
☆幸せのかけら
そして、吉沢さんも再び登場されて「夢から醒めた夢」から
☆愛をありがとう

たのしかったです本当に!
これだけ盛りだくさんで5500円+テーブルチャージ代って絶対お値打ちすぎると思うんです。
オススメですよー!(決してまわしものじゃないです笑)


そういえば、3つ隣のお席には高倉恵美さん[黒ハート]
タントミールじゃない高倉さんも、美しくて麗しくて優しくて…
高倉さん、樋口さん、花代さん、吉沢さんの旦那さんって同期なんですよね!すごい。
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

10.28*濱田めぐみ×安蘭けい×柿澤勇人♪ミュージカル「アリス・イン・ワンダーランド」スペシャルトークショー [濱田めぐみさん:その他コンサートなど]


お久しぶりです!
「1カ月以上更新していないブログに出る広告」が出てしまうくらい放置してしまい…
というか、
あれだけ毎日のようにだーーーっと長文レポなどを書いていた自分を
なんだか尊敬してしまいます。
だって、最近はパソコンに向かう時間があったら、寝たい…(笑)

二十歳を目前にしてこんなこと言っていますが、最近8時間は寝ないと調子が悪くて…!
前みたいに2時3時までブログを書いていたら、次の日学校に行けません…><
休みの日は、バイト(半年経ちましたが、あこがれのホールや劇場でのお仕事というだけでなく、年上の方ばかりでステキな先輩方が大好きなので楽しいです♪)に行くことが多いので、そうすると休みの前日も早く寝たいし…

言い訳はこのへんにして、先月のレポをさっくりあげたいと思います!

青山劇場にて開幕しましたミュージカル「アリス・イン・ワンダーランド」皆さまもう行かれましたか?
私は初日とその次の日に2日連続で観劇し、もうお腹いっぱい[黒ハート]
個人的に、濱田さんの出番は退団後の作品の中で1番少ないけれど、作品としては1番楽しめました。

そのアリス、開幕の約2週間前10月28日(日)に新橋の第一ホテル東京(濱田さんのファンクラブイベント http://memoires-du-son.blog.so-net.ne.jp/2012-10-01-3が行われた場所)にて開催されたスペシャルトークショーにも友達と行ってきました[ぴかぴか(新しい)]

もうずいぶん日が経ってしまいましたし、最後のサプライズでほとんど忘れてしまいましたが[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]

出演されたのは、
主演アリス役の安蘭けいさん、帽子屋役の濱田めぐみさん、エル・ガト役の柿澤勇人さん!
宝塚・四季・四季、そしてみなさん現ホリプロですね(笑)
司会はミュージカル界の名指揮者、山崎邦正…じゃなくて塩田明弘さん!

俳優の皆さんはお稽古の後、塩田さんは振ってきた後だったそうですが、
トーク盛りだくさん!歌もあり、とっても楽しいイベントでした[るんるん]

大広間に丸いテーブルとイスが10個くらい?並べられていて
各テーブルに8人ずつくらい座り、まずティータイム[ハート][ぴかぴか(新しい)]
ケーキと紅茶を頂きました。

そしてひな壇にみなさんが登場!
座り位置は、私たちのテーブルは上手寄りの最前列だったので上手から
柿澤さん・瞳子さん・濱田さん・塩田さん、そしてピアノに國井さん(濱田さんのコンサートでもピアノを弾かれていた方)でした。

濱田さんは濃い青のふんわりしたチュニックに、黒の9分丈パンツ、髪は黒になってました!
ドレスアップよりもこういうカッコイイ系の服装の濱田さん、大好きです[わーい(嬉しい顔)][ハートたち(複数ハート)]
ファンクラブイベントの時よりも体締まってる感じがしました。

トークは、終始ノリノリ!余裕シャクシャク!の濱田さんと瞳子さんに、しどろもどろの柿澤さん。
それに塩田さんがツッコみまくる…という感じで(笑)
柿澤さんはめちゃめちゃ緊張していたそうで
もう何が何だか支離滅裂なトークで、しかもその後にトップバッターで歌わされ…
歌はさすが!カッコよく歌われていたと思ったら
なんと途中で「なんとかかんとか~~♪」と歌詞が…!ド忘れ[がく~(落胆した顔)][どんっ(衝撃)]
そして「Let it be」という歌詞から、ビートルズのLet it beという曲にシフト!
それにぴったり合わせる國井さんがすごい!(笑)
パニックの柿澤さん「♪だれかーとめてーこの曲ー知らないー」で、塩田さんが登場してストップ!
イベントならではでした[手(チョキ)]


トークの話題は「ミュージカルを志した理由」。
柿澤さんは高校の時にみた四季のライオンキング!
濱田さん、「私そのとき出てた?出てなかった?何やってた?アイーダ?」って食いついてましたヽ(^o^)丿

瞳子さんは、「ずっとバレエをやっていて、ミュージカルとの出会いはキャッツ。だから最初は劇団四季からミュージカルを知ったけど地元が滋賀であまり四季への道しるべがなく、宝塚市にいとこが住んでいたから音楽学校を受けて、今に至る」そうです。意外!

濱田さんはいつものエピソード♪
このブログを見てくださっている方は皆さんご存じだと思うのではしょりますが、
「声を使う仕事がしたくて…舞台中継の李香蘭で四季に出会い、合格してベルでデビュー。塩田さんに振ってもらいました(笑)」とのことでした。

濱田さん、1stコンサートのパンフレットにもあったように、宝塚ほんとに大好きみたいで!
瞳子さんの宝塚の話題にかなりテンションMAXで食いついてました!
稽古場でベルバラの有名なシーンを瞳子さんがやってくれてキャー!ってなったり、
Youtubeで「安蘭けい 宝塚」で検索して、ブタカンに「このとーこさんやばい[揺れるハート]」って見せたりしちゃうとか[ぴかぴか(新しい)]
特にゴエモン?がお気に入りだそうです。
宝塚に詳しい濱田さん、なんだか面白かったです!


そんなこんなの楽しいトークのあとに濱田さんナンバー披露で、
「すぐに歌えなーい」とかおっしゃってましたけど
後ろを向いて帽子をかぶる真似をして、前奏が終わって
振り向いたら悪役の顔!ちょっと変顔もしちゃう余裕っぷり[ぴかぴか(新しい)]
こぶし全開、すべて地声、音もあげまくりで絶好調!一瞬でめぐワールド!かっこよかったです!

塩田さんのワイルドホーンの音楽についての説明や、
アリスの音楽に使われているナンバーごとのビートの説明もとっても興味深くて。
あと和音の進行や解決の仕方とか…コードとか。
それにすぐに対応して即興で弾けちゃう國井さんがすごすぎる。
お客さんなんとも思ってない感じでしたが「あれすごいんですよーーー!」って大声で言いたかったです(笑)
クラシックはまず楽譜通りに弾くことが何よりも大切で、それを普段勉強します。
私も今までの人生のほとんどをクラシックのピアノの勉強に費やしているので読譜力はあると思いますが、ジャズのような即興や楽譜に書いてあること以外のことをするのは苦手なので…
でも、普段の和声やソルフェージュの授業の応用で、國井さんみたいなことができるのかなーって思いました。憧れます。

最後は瞳子さんのナンバー披露!
地声はさすが元男役で響くしかっこいいのですが、裏声との切り替えがありすぎるのが…
ああいう歌い方ってクラシッックではもちろん、四季でも絶対にしないですよね。
高音が弱く聞こえるし、喉声の感じで聞こえるのであまり好きじゃないのですが
宝塚の方って割とみなさんそうですよね。

なぜかここでイベント終了。
最初にアンケート(質問コーナー用、みたいな)を書いたのに…
わざわざ誰のファンかも○をつけたのに…どこに行ったのでしょう!(笑)

そしてサプライズは、ハロウィンということでテーブルに置いてあった小袋に
お客さんみんなが会場を出るときに柿澤さん、濱田さん、瞳子さんから
お菓子を入れてもらえるという[黒ハート][黒ハート][黒ハート]

握手や撮影はNGでしたが、流れの中でなら話せる感じだったので
濱田さんに「濱田さんの歌が生きがいです!」って言ってきました[黒ハート]
「わーありがとうございます~!」って[るんるん]
ひとりひとりにアイコンタクトをしている濱田さん、ステキでした。
っていうか、めっちゃ肌キレイ![ぴかぴか(新しい)]


アリス本編のS席チケットとこのイベントセットで16000円だったのですが、
そのS席チケットが信じられないくらいすごい悪い席だったのでホリプロあざとい…
と思いながら、このトークショーが16000円と思って楽しんできました☆
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。