So-net無料ブログ作成

5.29*「アスペクツオブラブ」初観劇レポ ~プレステージトーク編~ [観劇レポ:アスペクツオブラブ]

今日は、自由劇場で「アスペクツオブラブ」初観劇でした!
イベント日を狙って取ったのですが、
初観劇で開演前のイベントってちょっとミスだったかも。
すごく楽しかったのですが、何の予習もなしに行ったので
人間関係が分からずおっしゃってる意味が「???」だったり
ネタバレ多数で「がーん[がく~(落胆した顔)][どんっ(衝撃)]」ってなったりしました(笑)

でも‘楽しい’というより、俳優の皆さんの作品への思いが伝わってくる
めちゃめちゃ‘深い’内容のイベントで、
何よりとてつもなく嬉しいことがあって感激!!!
それは後ほど書きますが、本当に参加できてよかったです[黒ハート][黒ハート][黒ハート]

プレステは15:30から受付開始で、
学校があったし、買い物してたので結構ぎりぎり..15:15くらいに劇場に着いたのですが
並んでいる方は10名足らず?くらいでちょっと拍子抜けしました。

マンマミーアのリハーサル見学会(⇒http://memoires-du-son.blog.so-net.ne.jp/2011-05-27 )や
夢醒めのリハーサル見学会(⇒http://memoires-du-son.blog.so-net.ne.jp/2011-04-27 )のときは
1時間以上前に行ってかなりの列ができていたので[あせあせ(飛び散る汗)]

今日は初めてイベントに一人で参加しちゃいましたっ!
大学生で一人って浮くかな…とドキドキしていましたが、全然平気でした(笑)
ちなみにイベントの前は、昨日プライベートで超イヤなことがあって
新宿のルミネエストで親の仇のように買い物をしていました。
夏服大量買い!ストレス発散!すっきりしました~!

というわけで(?)割とぎりぎりでしたが、かなり前に座る事が出来ました[るんるん]

劇場に入るとなんと真っ暗!
CAFEのセットの前でお掃除をしているのは…
斎藤双子…のどちらか…洋一郎さんでした[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]
もうお一人は浜名さんという方でした。
この二人がアシスタントさん。
MCは寺田真実さん。「壁抜け男」の警官さんだー!って思いました。

そしてゲストはなんと!超豪華!
ローズの佐渡寧子さん、アレックスの中井智彦さん、
ジョージの村俊英さん、ヒューゴの佐久間仁さん。

佐渡さん、中井さんがご登場された時点で私は「おー!」と言って
拍手をしたいくらいテンション上がったのですが、
他のお客様方みなさんお静かにお出迎えでした…(笑)
佐渡さんが美しすぎて…!なんなんですかあの完璧な美と、美しすぎる佇まい。
女優オーラが半端ないというか…まぶしかったです><[ぴかぴか(新しい)]

テーマは「ローズを愛した男たち」ということで、
ローズと、この3人だそうです[ぴかぴか(新しい)]
ちなみに次回以降のプレステでは、
6/12(火)「ジョージを愛した女たち」
6/20(水)「アレックスを愛した女たち」だそうですよ☆

寺田さんが質問されて、それに出演者さんたちが答える形で進められました。
初観劇でよく人間関係が分からなかったのと、
それ以上に後半に嬉しすぎることがあって だいぶ記憶がぶっ飛びましたので
覚えていることだけ書きます。順番もめちゃめちゃだと思います。
間違いのご指摘などがんがんお願い致します[あせあせ(飛び散る汗)]


Q ローズから見たこの3人は?
佐渡さん:役柄ではなく、素の3人ということでよろしいでしょうか?
     村さんは「ジーザス」と「ファントム」と「キャッツ」で
     共演させて頂いていたけど、
     マリアとピラト、グリザベラとガスは1回も絡みがないし、
     オペラ座もほんとにやった回数が少ないから、
     今回こうやって夫婦役で濃くご一緒できて嬉しい。
     とにかく優しくて暖かくて、イライラしているところを見たことがない。
     「その時々の人生を楽しもう」というジョージにぴったり。
     この劇団はほんとにお稽古でもう、神経がきーっってなってしまうけど、
     そんなときいつも村さんは楽しくやろうよ、
     って言ってくださってすごく救われた。

     中井くんは初共演ですけど、ほんとに真面目な努力家で好青年。目が綺麗。
     佐久間くんもすごく純粋な好青年だけど、
     私は彼の目の奥にひそむ狂気を知っているので(笑)それが生かせる役に
     出会えたら、ほんとにすごいことになるんじゃないかと期待してる。
     この作品のストーリーを最初に聞いたとき、
     佐久間くん耳まで真っ赤になっちゃってかわいかった。
     もう息子のような感じです(笑)


Q 男性3人から見た佐渡さんのローズは?
村さん:美人で、女優だからちょっとワガママで、
    でも可愛らしさも持った女性がローズというひと。
    まさに佐渡さんにぴったりだし、ほんの一瞬、「100%あなたを愛してます」
    という表情をすることがあってそれに騙されちゃうんですよー

中井さん:騙されちゃいます(笑)
     とにかく今回初めての役で、しかも初共演でラブシーンも多くて
     本当に苦労して佐渡さんにもご迷惑をおかけして。
     でもそういうちょっと悩んでるときに「お茶でも行こうよ」
     って誘ってくださって…あざみ野の食堂に。
     ム-ドないな…あざみ野のカフェに!(笑)
     そういう懐の深い方で本当に助けられました。感謝してます。

で、村さんの甥っこさんに ほんとに中井さんが似ていて、
しかも中井さんのお父さんに村さんは似ていて
出身地が奄美と福岡…だったかな、で近いからその辺の血が…って話もありました[ひらめき]


Q この作品にキャスティングが決まった時の気持ちは?
佐渡さん:こんなこと言っていいのか分からないんですけど、
     私は前にローズを演じていらっしゃった保坂知寿さんの
     追っかけをしてまして、知寿さんを追いかけて
     この世界に入ったようなもので…
     前回7年前でしょうか、この作品の上演があったとき、
     知寿さんのアンダースタディというか…
     ほんの少しお稽古に参加させて頂いて、でもアイーダがあったので
     お稽古場に入れたのはほんの3回くらいなんですけど、
     それでも知寿さんと同じ空間で勉強できたことは本当に貴重だったなと。
     だからこの役は憧れだったし、今回やれることが本当に嬉しい。
     見てくださる方が少しでも 知寿さんの香りを感じてくださったら
     嬉しいけれど、演出家が私個人につけてくださった演出というのが
     「もっと悪 もっと悪」という感じで、
     また違う味付けにもなっているので、
     全く新しい私のローズを楽しんで頂けたらと嬉しいです。

中井さん:「アスペクツオブラブ」という作品があるのはずっと前から知っていて、
    本当に曲がだいすきで、劇団に入る前はほとんど遊びでですが
    ライブとかで最初の歌(Love changes everything)を歌っていたし、
    CDもずっと聞いていた。
    でもそのCDはアメリカので、僕は英語は全然なので
    ストーリーは全く知らなくて、劇団に入って初めて「こんな話なんだ!」
    とびっくりした。とにかく曲が好きだったので難しいけれど歌えて嬉しい。

村さん:「前回6年半前の公演でやらせてもらってからジョージ役は2回目で…」
    みたいな話だったかと[あせあせ(飛び散る汗)]すみません汗


Q 苦労したことは?
佐渡さん:ロイドウェバーの歌ってとにかく難しくて難しくて…
     オペラ座やキャッツなんかもそうなんですが、
     聴いているのは名曲でもとにかく歌い手泣かせ。
     あと、私は「アイーダ」でアムネリスという役をやらせて頂いていて
     計13回早替えがあってその都度メイクも変えて…
     ってそれで免疫ができていたはずなのに、ローズはそれを上回る感じで。
     そういうことを平気でこなさないと、
     次のシーンで すっと役に入れないのでそれをクリアするのが大変でした。

村さん:そういえば知寿さんも鬼のような形相で走り回ってました(笑)

佐渡さん:でしょう?!でも、隣に汗だくの人(中井さんのこと)がいるから
     まあいっかな…[わーい(嬉しい顔)]

中井さん:僕ほんとラウルでもそうだったんですけど汗が滝のようで…(゜-゜)
     で、難しかったことはとにかく最初の曲。(Love changes everything)
     ラウルもそうなんですけど、アレックスも「現在」が最初で
     それから過去に戻ってストーリーが進んでいくので
     この最初の歌が1番未来というか、最近。
     それがすごく難しい。いまでも模索してます。
     演出家の前で通し稽古で通そうとしても、
     もうこの歌で(手をパンっとやりながら)
     「はいもう一回!」「もう一回!」の繰り返しで
     みなさん出番を緊張しながら待っているのに申し訳なかったです。

村さん:ロイドウェバーはほんとに難しい。
    出演は2回目だけれど、自分は最近ずっと
    サウンドオブミュージックの方にお世話になっていて(笑)
    ジョージをやる喉、というか筋肉を作るまでの時間が短くて、
    7年経って自分では分からない衰えもあって…
    前に楽に歌えていた歌がなかなか歌えなかったりとか。
    そういう苦労があって、自主トレというか、
    レパートリーの歌は常に歌っていないと…と反省した。
    野球選手が冬の間 身体づくりをしてシーズンにのぞむのと同じです。

佐久間さん:ヒューゴという人物が考えていること、
      ローズのヒューゴへの思いがまず理解できなくてそこから苦労した。
      今もまだ成長中という感じ。
      自分と真逆の性格だから、難しかった。
村さん:いやいや、真逆だからこそ芝居は面白いだよ?^^
佐久間さん:す…すみません…泣
(みんな爆笑)
いい雰囲気でした[黒ハート]


村さん:(中井さんに)ちょっと最初の歌の出だし歌って♪
中井さん:ええっ?!いまですか?
村さん:そう今いま!
(中井さん立ちあがる)
村さん&佐渡さん:いや、鼻歌でいいから♪
中井さん:鼻歌?!えーでもあの歌ほんと難しくて[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
『♪恋のさだめは 出会いと別れ~~』
(会場拍手!)
村さん:このメロディが役を変えて、調を変えて、また伴奏の楽器を変えて
    あちこちに出てきて、それが物語を進めてる。
    ロイドウェバー自身は、モーツァルトの室内楽のような
    軽い感じを意識して作曲したと言っていて、
    舞台はフランスだからフランスの「エスプリ」や抜け感が大事。
    その程度が難しいよね。
佐渡さん:(めっちゃ頷く。)


そしてその後 質問コーナー!!!

受付のあと20分くらい待っている間に書いて、
BOXに入れたものが選ばれていて、寺田さんが読み上げました。
はいどしょっぱつ。
「○○さん?どなたでしょうか」

私じゃん。


びっくりしたー!でも本当に聞きたいことだったので嬉しかったです。
質問は、
「本番前にしている願掛け等はありますか?
私は音楽で舞台に立つことが多いのですが、
とても緊張してしまう性格なので、
あがらない魔法があったら教えてください[黒ハート]
よろしくお願いします。」
と書きました(^_^)
提出する前に写メを撮っといてました☆
5.29.png

手を挙げたとき、座っていた位置が下手側で目の前だったこともあってか
まず村さんが答えてくださいました。
「下手に神棚があるんですよ。そこに4回柏手を打ちます。
これ知寿さんがやってたんですよ!神様に頼むときは4回打つらしいです。
で、神様仏様…仏様じゃないけど(笑)、
あと自分の死んじゃったおじいちゃんおばあちゃんみんなの名前出して…
もう音が出せないときは、指先で4回打ちます(笑)」

次に佐渡さん[ぴかぴか(新しい)]
しっかりこちらを見て答えてくださって昇天しそうでした…お美しすぎる…

「私は、自分のことだけにこだわると却って緊張しちゃうので
“このステージが滞りなく進みますように”ってお祈りします。
あと、先日亡くなられた畑中さんもおっしゃってて…
歌はとにかく言葉が命だからと。あ、読まれました?」

(ちなみに畑中良輔さんのことです。
日本のクラシック声楽界の第一人者といってもいいくらいの方で、
ほんとに超大御所の方。先週かな、亡くなられました。)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120524-00000089-jij-soci

そのあと村さんが、「なんの楽器?」と尋ねてくださり
佐渡さん:声楽?
私:ピアノです
佐渡さん:あらピアノいいですね。でもそれじゃ参考にならないかしら?
私:(首ぶるぶるぶるぶる…!笑)
寺田さん&村さん:でもピアノも、っていうか音楽は全部歌う楽器ですからね!
佐渡さん:そうですね^^ やっぱりブレスをよくとって歌うことでしょうか。


…一生忘れません(;_;)[黒ハート]
ありがとうございました…!

質問読まれたひとがプレゼント貰う時もあるみたいですが
それではなくプレゼント抽選は くじだったので
「それが残念だったのー」って終わったあと母に電話してたら
「あら、ポスターよりそんな直接言葉をもらえた方が嬉しいじゃない!」
…なんてポジティブなヲタ脳!!!(笑)

もうふたつ、質問が読まれました。

Q 実際にはどの女性が好きですか?
中井さん:(…あれ、舞い上がってたのとそのあとの
      佐久間さんが衝撃的すぎて思いだせない…なんだっけ泣)

佐久間さん:ジュリエッタという女性がすごくいいなと思いました。
      ヒューゴという男は、ローズに愛してもらいたいと思ってる。
      ローズの気持ちが自分に来ることはないけど。
      自分も学生の時「愛人」を経験したことがあって…

会場、キャストさん騒然(笑)
佐久間さん、愛人の意味を勘違いされていたようで ほっとしました[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]

佐久間さん:そうじゃなくて、友達の彼女をすごく好きになった。
      でもそれはかなわないって分かってても好きで…
佐渡さん:ああ、それ「片想いね!」
みんな:あああーーーよかったーーー!!!!      

つまり、ジュリエッタの見返りを求めない無償の愛がカッコイイって感じのことでした。
あと、ヒューゴはローズを愛してるけど絶対に
「愛してもらえない」ってことも分かってて…
「あー…僕なら逃げます」っていうのが会場大ウケでしたっ!


佐久間さん、日本語とってもたどたどしいんだけど
一生懸命話される感じがすごく好印象でステキでした[ぴかぴか(新しい)]
中井さんと同期だそうです[るんるん]


Q どうしてオーディション(アスペクツの役の)を受けようと思ったのですか?
村さん:今回オーデがあった役はアレックスとローズだけなんだよね。
佐渡さん:あと、ジュリエッタ!笠松はるちゃんの。
     とにかく私はこの役がやりたくてやりたくて…
     オーデがなくても演出家に「聴くだけも聴いてください!」って
     直談判するくらいのつもりでした。本当にやりたくて。
     結果的にはオーディションがあって、決まったのでよかったです。

中井さん:僕もです。でも、オーディションが1月でビーストでデビューさせてもらった
     1週間後とかだったので…ここでこれ受けたら「どういうつもりじゃあ!」
     という感じかなと迷ったのですが、受けてよかったです。

寺田さん:偉いなあ二人とも自分から手を挙げて。俺そういうの1回もないもん。
佐渡さん:いや、これだけは通り過ぎるのを見てるわけにいかなくて(笑)

村さん:ほんとにやりたかったんだよね!
    初日終わった後、ローズとアレックス二人で捌けたあと泣いてて、
    自分だけ「さーて帰るか」って感じで(笑)
    中井くんなんて目真っ赤にしてたから「どうしたの?」
    って言ったら「この役やりたかったんですぅ~[もうやだ~(悲しい顔)]泣」って(笑)

中井さん:僕たち二人、初日の千秋楽、あれ初日の千秋楽じゃない!
寺田さん:もう今日みんなどうしたのー?!
中井さん:もう初日終わったあと、
佐渡さん:抱き合って泣いたよね!
中井さん:泣くもンかって思ってたんですけど、
     佐渡さんにハグされて「頑張ったね」って言われて号泣でした。

村さん:あ、そうそうローズも出る前すんごい緊張してて
    「ハグしてください~泣」って来てハグしました。可愛い人だなあって(笑)

最後は、浜名さん・斎藤さんも含め7人の方が
サイン入りポスタープレゼントのための
座席番号が書いてあるくじを引かれプレゼント!で終わりました[ハート][ぴかぴか(新しい)]

保坂さんの話ががんがん出てきて、
石丸さんの話は全く…なのが色々あるんだなあと改めて思いましたが、

佐渡さんの保坂さんへの敬意や、作品への痛切なまでの思い。
汗だくになりながらも真摯に言葉を選びながら、
時には思いだされたのか涙目になりながら質問に答える中井さん。
本当に温かいお人柄が言葉の節々から伝わってくる村さん。
ちょっとまずい?って発言は誤解がないように上手くフォローをされていた寺田さん。
とっても可愛がられているのが分かる佐久間さん。

穏やかで、本当にいい雰囲気のイベントでした[るんるん]

そして本編のレポへと…と思っていましたが、
あまりにも全ての登場人物に共感ができず…(笑)


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

5.13*濱田めぐみさんの所属事務所 [*濱田めぐみさんについて]


濱田めぐみさんの所属事務所って、
ついこの間までは「ホリプロ・ブッキングエージェンシー」と
業務提携している「ザ・ファーム」というところになっていて、
ブッキングエージェンシーのサイトのTalent indexにも
1番下の<業務提携>の箇所にお名前がありましたが…

今は、ブッキングージェンシー本体のところに
お名前が移っていますね![ひらめき]
http://hba.horipro.co.jp/talent.html

ザ・ファーム自体は他に所属している方もいないようでした。
きっと木村花代さんが、旦那さんの奈良坂潤紀さんが代表を務める
個人事務所「はなみ好きの会」所属で、
業務提携(マネジメント)は「グラン・アーツ」というように、
濱田さんも個人事務所を管理してくださる方がどなたかいて、
ホリプロと業務提携だと思っていましたが、変わったんですねー!

どう違ってくるのかはよく分かりませんが[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]

リツイートはしましたが、
ホリプロの社長さんの濱田さんのCD詳細に関するTweet[ぴかぴか(新しい)]

Yoshitaka.Hori‏ @horishachou
ニューヨークに行ったのは、濱田めぐみオリジナルアルバムレコーディングのため。
旧知のフランク・ワイルドホーンさんが自らプロデューサーを買って出てくれ、
是非見に来い、ということで行ってきました。
ワイルドホーン作品をアルバム用にアレンジしなおしてレコーディングしました。
お楽しみに。


☆4.27*濱田めぐみさんCD発売?! ジキハイ再演&新CDは?!
http://memoires-du-son.blog.so-net.ne.jp/2012-04-27

当たったような、外れたような…(笑)
たのしみ[ハート][ぴかぴか(新しい)]

あたしはいつジキハイ大千秋楽の観劇レポを書くんだろう…
書かなきゃと思いつつ、もう1カ月経っちゃう!(>_<)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

5.5*ゴールデンウィーク…? [*日常その他]

上京して今年で5年目。
毎年、ゴールデンウィークになると、
単身上京した高校1年の最初の1カ月が
どれだけ心細く大変だったか、
ホームシックっていうことも家族にバレたくなくて(負けず嫌い?)
必死で強がりながらも、家に帰るのがどれだけ待ち遠しかったかを思い出します。

翌年以降も、新年度始まって最初に帰れる休暇なので
毎年帰省してのんびりしていましたが、
今年のGWは帰ったはいいけどウィキッドを観た以外は
休む間も遊ぶ間もなく東京に戻ってきました[あせあせ(飛び散る汗)]

今日までをざっと振り返ると…

2日(水)
授業、声楽レッスンが終わってから大雨&超ラッシュのなか、なんとか帰省。

3日(木)
10時からレッスン。2時間で終わってから駆け付けでウィキッドマチネ観劇。

4日(金)
10時から前日とは違う先生のレッスン…なんと夕方まで。
そのあと家族で少し買い物、食事。大荷物で新幹線に駆け込み、帰京。
深夜に東京着いたらまたもや大雨[もうやだ~(悲しい顔)][失恋]

5日(土)
朝8時から学校で練習。10時から伴奏合わせ2つ。夕方からバイト。


明日はGW最終日!バイトだけ!がんばります!

アルバイトは4月から始めました。
小さいころから憧れていた劇場やホールでのお仕事。
学校やピアノの都合で週2回くらいしか入れないし、
覚えなきゃいけないことがたくさんで
想像していたよりずっと大変ですが、
同時に想像していたよりずっと楽しいです[ぴかぴか(新しい)]

あと1日、みなさまもよい休日をお過ごしくださいね[ハート][ぴかぴか(新しい)]
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

5.3*圧巻の樋口麻美さんエルファバ!「ウィキッド」観劇レポ [観劇レポ:ウィキッド]

2012年5月3日(水)マチネ
劇団四季「ウィキッド」@新名古屋ミュージカル劇場
S席1階Ⅰ列センターブロック

*cast*
120503_124520_ed.jpg
グリンダ:山本貴永
エルファバ:樋口麻美
ネッサローズ:小笠真紀
マダム・モリブル:白木美貴子
フィエロ:松島勇気
ボック:伊藤綾祐
ディラモンド教授:岡本隆生
オズの魔法使い:松下武史

【男性アンサンブル】
須永友裕
町田兼一
斎藤准一郎
松尾 篤
分部惇平
白倉一成
品川芳晃
光山優哉
三宅克典

【女性アンサンブル】
織田なつ美
間尾 茜
栗城 唯
齋藤さやか
三井莉穂
小澤真琴
花田菜美子
荒木 舞
有阪佳子

今日「ウィキッド」マチネ行ってきました!

これまでの4回の観劇で、2回ずつ見た
江畑晶慧さんのエルファバ、岡村美南さんのエルファバ、
それぞれ好きなところがたくさんあって充分満足できていましたが、
今日初めて見た樋口麻美さんのエルファバ…

一言であらわすと、もう本当に「別格」という言葉に尽きます…[ぴかぴか(新しい)]
まだ若干放心状態なほど…!

先に樋口さんのエルファバを見ていなくてよかったとすら思ってしまいました(>_<)
正直、樋口さんで見ていたら他のエルファバさんに満足することは難しかったと思います[あせあせ(飛び散る汗)]
初演の東京公演から演じていらっしゃる貫禄はここまですごいのか…と圧倒されました!!!

主役なのでこれが正しいのでしょうけど、完全に他の出演者を食う存在感、オーラが違いますね><
本当に華があります!

安定していて 余裕・圧巻の歌唱力はもちろん、とにかく樋口さんの演技が期待以上でした。
相手の人物のアクションに対して必ず反応していて、それがものすごく自然!
今までのエルファバになかった演技を挙げると…
・「大嫌い」でコンパクトを顔の前でぱしゃってやられて「おっと」ってのけぞる。

・「ポピュラー」でグリンダにメガネを取られたときに、
 見えない..って感じで目をしょぼしょぼさせる。
 ♪らーらーらーらーって躍りながら行っちゃったグリンダを、
 グリンダが跳ねてるのにあわせて、頭をふって(ちょっとノってる感じ)見てる。

・フィエロがライオンをはなすときに最初逆方向行っちゃうけど、
 それを「あっち ちがう」って顔をしながらもわざと前を向いて
 フィエロがまた後ろを通るときに見てみぬふりをしている

・↑そのあと上の橋を渡るときにフィエロが下の自分を見てるのを
 一瞬目があってからさっと逃げたり。

・「エメラルドシティ」の前、
 グリンダ「ディラモンドって名前をつけるわー![もうやだ~(悲しい顔)]
 (微妙な空気)
 エルファバ、フィエロを「なんとか言いなさいよ[あせあせ(飛び散る汗)]
 って感じで肘でつっつく。
 フィエロ「あ、ああそれはえらいよグリンダ。」←棒読み

…ほんの一例です!
きっと台本には書いていないであろう「反応」が相手の行動に対して必ずあるんです!


「反応」だけじゃなく、
樋口さんなりの解釈やアドリブ的な行動もたくさんありました。

最初のシーンでマダムモリブルとグリンダがレポートについて話してるとき、
しゃがみこんでネッサとおしゃべりしていたり、
随所で魔法かけちゃうときの手のフリが、
「ここでこう動かすことでこれが起きる」って決まってる感じとか。

モリブル先生の「恐ろしい敵があらわれました!」
の報道に、怯えてるグリンダに対してエルファバは、
あっさり手のひらを返したモリブル先生の言葉を
表情ひとつ変えず「ほらね」という顔で聞いていたり。


とにかく、樋口さんの「自分のエルファバ」という
キャラクター作り(役作り)が徹底されているのが
素人目にも本当に分かるので、
エルファバってこういう子なんだーっていうのが分かるし、
「説得力のある」ってこういうことなんだって思いました。

違っていたら樋口さんに申し訳ないのですが(^^;)
私が感じたのは、グリンダと仲良くなるまでは舌打ちとメガネ直しが癖。
いつもとにかく感情の起伏が120%ふりきっちゃう。
頬を思いっきり膨らませたり、
「大嫌い」の最後やグリンダにひっぱたかれたあとの高笑いも思いっきり!
かばんバン!や足バン!も思いっきり!
「ネッサ…!許して…」など悲しむシーンも常に100%超え!
樋口さん、これ毎日やってたら疲れちゃわないのかなって思うほど、
全力なエルファバなんです。

歌う前から、というより登場した瞬間から、
「なによ、なにを見てるの!あたしの歯になんかついてます? …わかったわ~」
から「うわ!」って思わせる何かがあり、
母と思わず顔を見合わせて「すご…」と
口(の形だけですが笑)で言い合ってしまったほど。

これが主演女優のオーラというか、
カンパニーと作品を引っ張る力なんだろうなと感じました。

実際、「ポピュラー」での山本さんも、
反応があるからこそすごくやりやすいみたいで
何かが壊れたように(←ほめてます[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)])ノリノリでほぼ満員の客席を大爆笑させていたし、
「自由を求めて」の樋口さんの鋼のように張った、
黒人歌手も顔負けなほど余裕の歌い上げは、
控えめに言っても劇場を突き破りそうな、
空気が共鳴しているのが目で見えそうなほどの歌声!
それにのっかった山本さんの「あーなたーなーらー!」の声、
これまでにないほどすごかったし、
2幕のネッサと絡むときのエルファバは、
全ての言葉に全て納得いく感情がこめられていて、
カッときて大爆発の小笠さんネッサの迫力も、
今までで(今日で小笠さん4回目)1番でした!

樋口さんが他の役者さんの力や魅力も最大限に引き出されてるようでした!
相乗効果ってやっぱり絶対ありますよね[ハート][ぴかぴか(新しい)]
それで思い出したのは、このとき芝清道さんサムが登場した時の「マンマミーア!」
☆8.2*芝さんサム登場!!!「マンマミーア」観劇レポ
http://memoires-du-son.blog.so-net.ne.jp/2011-08-02-1

この時は、元からすごかった樋口さんが芝さんの熱さに釣られて
更に熱くて素晴らしいドナになられて、
カーテンコールでは芝さんに飛びついて
だっこされちゃってたりしてましたが[黒ハート]
今日は樋口さんが引き上げていらっしゃる側だったと思います[るんるん]

「ワンダフル」のひとフレーズだけで空気を変えちゃったり!

For goodの前、「あなたはみんなから愛されたままでいてほしいの…!」
このセリフにこめられた色々な気持ちが客席にもビンビン伝わってきたし
この時点で山本さんグリンダの目からはもう涙…
ナンバーでは山本さん、エルフィーのパート聴きながら顔が崩れるほど大号泣されてました。

もちろん同じ2幕、樋口さんの歌唱力が最大限に生かされる
No good deedも言うまでもなく、アレンジもすごくて鳥肌ものでしたが、
上のような張り上げないナンバーでもぞわっとさせられちゃいましたよ[もうやだ~(悲しい顔)][ハートたち(複数ハート)]

カーテンコールも大盛り上がりで、なんとまだアンサンブルさんが
順番に出てくる段階で立ち上がるお客さんもいたほど!
私も、グリンダとエルファバが1回目に出てきたときにはもう立っちゃいました…!
2回目に幕が開いた時にはもうオールスタンディング、それから何度も続き、
千秋楽のようにお客さんみんなの拍手が合わさって 手拍子になって幕が開いたとき、
山本さんが涙ぐんでいらっしゃるのが印象的でした。

山本さんは、いつもぴょんぴょん横跳びしながら
両手バイバイで下手にはけて行かれるのですが、
最後の最後は樋口さんも上手にはけながら、
真似してちょっと横跳びしながら可愛く手を振ってて会場が沸いて終わりました[わーい(嬉しい顔)][ぴかぴか(新しい)]
樋口さん、ほんとギャップが~!

--
とりあえず、忘れないうちに樋口さんエルファバ中心にまとめました[黒ハート]
松島さんのフィエロも書きたいことたっっくさんあるので、また近々書き足します☆

前回のレポは書き終わってますのでよかったら(*^_^*)
☆3.30*観劇レポ「ウィキッド」最前列!!!
http://memoires-du-son.blog.so-net.ne.jp/2012-03-31
nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

5.2*「ウィキッド」エルファバ樋口麻美さん、新フィエロは松島勇気さん! [*劇団四季について]

明日からゴールデンウィーク!
ということでこれから帰省するので、私にとっては絶好のタイミングで
ウィキッド@名古屋公演で、新フィエロ 松島勇気さんがデビューしてくださいました!

フィエロ役は国立音大出身の北澤裕輔さんが、
最近の大阪公演・名古屋公演などでかなり長く
演じていらっしゃったので、シンガー枠のような気がしていましたが、
Dancing through my lifeで松島さんならトリプルアクセルくらいの勢いで
飛んでくださるんじゃないかと楽しみです[わーい(嬉しい顔)][ハートたち(複数ハート)]

歌も、クレイジーフォーユーのボビーで
どんな体勢でも、どれだけ踊った後でもブレずに歌われていて
すごいなあと思ったので安心でしょうね~[ぴかぴか(新しい)]

そして、大好きな樋口麻美さんはウィキッド名古屋公演初登場[黒ハート][黒ハート][黒ハート]

エルファバは江畑さんも岡村さんも大好きですが、
樋口さんのThe wizard and IやDefying gravityを生で聞いてみたいと
ずっと思っていたので本当に嬉しい[るんるん]

松島さんはおとといがウィキッド初舞台、
樋口さんは、今日が一昨年8月22日の大阪公演以来のエルファバみたいです[ひらめき]
☆いつも見させて頂いているサイト☆
http://www.tamanegi.jp/database/2010/08/08wicked.html

私は先ほど前日予約成功したので、明日観に行きます!
大雨ですがちゃんと帰れますように><
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。