So-net無料ブログ作成

3.19*観劇レポ「ジキハイ」トークイベント編/濱田さん&笹本さん&吉野さん [観劇レポ:ジキル&ハイド]

今日のアフタートークイベントは、指揮者の塩田明弘さんが司会で、
ルーシー役の濱田めぐみさん、エマ役の笹本玲奈さん、
アターソン役の吉野圭吾さんが登場してくださいました。

(本編レポはこっちです⇒http://memoires-du-son.blog.so-net.ne.jp/2012-03-19-2 )

吉野さんはなぜか華麗にステッキを振り回しながら登場!
モーツァルト!の気分らしいです(笑)

キャストの方の紹介のあと塩田さん、
「そして私が指揮者の山崎邦正です」
…またかい(笑)
参照(⇒http://memoires-du-son.blog.so-net.ne.jp/2012-03-19

以下、覚えているうちに自分用メモです[わーい(嬉しい顔)][るんるん]
言葉の節々は適当にまとめています。
思い出したらまた書き足すかもです。

Q=塩田さん。

Q大変なことは?
吉野さん:階段の上り降りが多いのが意外と大変。ふくらはぎに来ます。
     あと、意外と高くて怖いです。(濱田さんめちゃめちゃ同意。)
     本番で、「ヘンリーに神の救いを!」って言ったあと
     ダッシュして橋を渡ろうとして、
     橋を吊るしてるワイヤーに引っ掛かって転びそうになったりもした。

濱田さん:娼婦という役柄だから、身振りなどに今までの役の中で1番苦労した。
     ショーをやるわけだけど、ただのショーじゃなくて娼婦の…
     (塩田さん:そんな経験ないですもんねー)
     いやちょっと待って!あったら…ねえ?!(笑)
     そういう身振りとかと、ルーシーの純粋さのバランスは
     やっぱり開幕して中日すぎて、やっとちょっと、
     ほんのちょっとだけ附に落ちてきました。


Q玲奈との初共演、めぐはどう?
濱田さん:いっしょに歌ってると相乗効果で開幕してから
     どんどん良くなっていってると思うから、すごくやりやすいし嬉しい。
     お稽古期間から仲良くしてもらってて、
     帰りの電車でルーシーとエマの共通点について語り合ったりしてた。
塩田さん:ルーシーはほんとにずっと地声で、
     エマはベルト(地声)と裏声の間のミックスで歌うことが多くて、
     2人で歌うIn his eyesはそれが上手く溶け合ってるよね。
     2人ともベルトだと喧嘩しちゃうし。

笹本さん:エマとルーシーだけが、ハイドからジキルを見出だせた。
     育った環境があまりにも違うというだけで、実は共通点がある。
     ルーシーの方が強そうだけど、実はエマは物語の背骨のような存在で、
     ぜったいにブレない、芯の通った女性。ほんとに難しい。

(濱田さん、笹本さんに朝イチに絵文字1コとかのメール送るらしい(笑)
 それに笹本さんも絵文字で返して、
 劇場着くまでそれ繰り返して楽屋で「おはよっ」みたいな。)


Q気分転換やリラックスの方法は?めぐはこの間聞いた。めっちゃ寝るんだよね?帰ったら30分とかで(笑)
濱田さん:うんやっぱり睡眠が1番。でも玲奈もよく寝るよね?
笹本さん:はい。あと…まあテレビ見たり…ショップチャンネル見ながら寝ます(笑)
吉野さん:僕もジャパネットたかだをつけてスリープモードにしてそのまま寝ます(笑)


Q本番でのアクシデントとかありますか?
笹本さん:本番でのミスはまだ言いたくないんですけど(笑)
     お稽古のときに吉野さんが「エマ」と「レナ」をよく間違えてました(笑)
吉野さん:こんなに似てることってなくないですか?
笹本さん:確かに、「笹本えまです」って言っても分かんないですね~。
濱田さん:あたしも「あ、エマー」って話しかけてそのまま…ってありますよ(笑)

笹本さん:あと、この間の舞台で血糊がばーって舞台の真ん中に広がっちゃって…
     (たぶんルーシーが死ぬ時の血糊かな?) 
     ちょうど石丸さんがそこで死ななきゃいけない場所で、
     でも上手くよけてくださって…
     あれだけジキルとハイドが交錯して大変なシーンのあとに
     よくぞよけて下さったと…そこにすごく感謝しました。
     やっぱり100%役に入っちゃうと、怪我しちゃうじゃないですか。 
     1割だけは客観的な「自分」がいなきゃいけなくて、
     それがすごく難しいんですけど、石丸さんさすがでした。
塩田さん:そうですね~。歌も感情100%で歌っちゃったら音程とかね、
     守れなくなっちゃいますから。


Q石丸さんの面白い話とかあります?
濱田さん:面白い話?
塩田さん:そうだ、石丸さんウォーミングアップかわいくないですか?
濱田さん:いやほんとに一生懸命です!
吉野さん:ほんとそうです。
     30分かけて毎日いっしょにやってるんですけど、座長なのに…
濱田さん:そうそう、ほんとに真面目なの。あたしが大抵楽屋入り1番早いんですけど、
     いつもそのすぐあとに丸にぃ来て、「よっ!」みたいな。ほんとに早いです。
塩田さん:そんなそんな座長なんだからみんな終わったあとに
     「よっ!」って来てすぐ本番でもおかしくないのにねー。


…塩田さんが、石丸さんの面白い感じの話(…悪く言えばちょっとした悪口)
にもっていこうとしたけど(関西人の方のようですので悪気はないかと思いますが)、
それを許さない感じで、石丸さんのいいところをあげる
濱田さんと吉野さん、ステキすぎました[黒ハート]


Q最後に抱負を
吉野さん:ごめんなさい忘れちゃいました[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
笹本さん:最後まで健康でいられるのが1番かなと。
     舞台上でも、エマはジキルの支えというか…
     唯一癒しになっている存在だと思うので、舞台以外でも、
     いつも笑顔で石丸さんを迎える存在でいたいと思います!(照れ笑い)
(会場拍手。なぜか濱田さん涙目)
塩田さん:あれめぐどうしたの。
濱田さん:いやーなんか感動しちゃいました!
     ほんとに玲奈ちゃんは楽屋ではぽわーんとしてるんだけど、
     切り替えがすごいもんね。
塩田さん:…いや他人事じゃなくて次めぐの番!
濱田さん:あー(笑)色々いま考えたんですけど…
     こうやってルーシーハリスという役に出会えて
     やらせてもらえることに本当に感謝しています。
     千秋楽まであと11回、よりナチュラルに、本当に自分の分身のように、
     本当にここにいるかのように彼女の人生を生きたいと思います。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。